2012年06月07日

2度と再現し得ないLiveな音楽を生み出すピアニスト 河村尚子

 河村尚子からますます目が離せない。もちろん近年急速に注目度を高め、多くの音楽好きを虜にしているピアニストなのだが、そうしたレベルを超えて、本当に1公演たりとも逃すことができないのだ。
 今年接したのは4つのコンサート。3月7日トッパンホールでの、珍しくも大胆な「オール・プロフィエフ・プロ」によるリサイタルでは、グルーヴ感のある鮮烈な演奏を聴かせ、同時に亡き師クライネフを通して、彼女の中に“ロシア”が息づいているのを感じさせた。3月12日紀尾井ホールでは、佐藤俊介(ヴァイオリン)、堤剛(チェロ)とトリオを組み、ドヴォルザークとチャイコフスキーの大作2曲というヘヴィーなプロで、スリリングな熱演を披露。3月24日横浜では、ラザレフ/日本フィルとブラームスの協奏曲第1番を瑞々しく競奏し、重厚な同曲のピアノが作曲者青年期の繊細でフレッシュな魅力に溢れていることを露にした。
 そして4月25日には、ノリントン/N響とベートーヴェンの協奏曲第4番を共演。あのノン・ビブラートの巨匠相手に彼女は一体どう弾くのか?と誰もが注視する中、舞台中央に立つ指揮者を演奏者全員が取り囲む配置と相まって、全てが清新なベートーヴェンとなった。公演後彼女は、「奏者の皆さんの顔を見ながら弾けるし、オケの音がよく聞こえるのが新鮮。ノリントンさんとはイメージを話し合い、ペダルはあまり使わないようにしました」と語っていたが、河村の凄さは、ただマエストロに従うのではなく、その流儀の中でさりげなく自己主張を行う点。通常より倍速いテンポで短く奏されるオケに対して、やや遅めのテンポで抒情的に対抗した第2楽章の掛け合いなど、思わずニヤリとさせられた。
 かくの如く、形態や楽曲ごとにしなやかな変貌を遂げるがゆえに、どの公演も聴き逃せない。彼女の、共演者との協調と自己主張の絶妙なバランス、さらには常にみせる「音楽することの愉しさ」は、2度と再現し得ないLiveな音楽を生み出す。その意味で、個性の強い一流指揮者との協奏曲は、実に興味深いものとなる。
 来たるプレトニョフ/ロシア・ナショナル管とのグリーグの協奏曲は、そうした醍醐味極まる公演だ。何しろ相手は「毎回何が起きるかわからない稀代の個性派」にして「ピアノを知り尽くした」プレトニョフ。曲は、一定の表現が定着しているグリーグである。河村は、「プレトニョフは『尊敬するピアニスト』、曲は、リストのアドバイスを反映したピアニスティックなソロをもつ、『抒情小曲集』の連なり」と語る。内に息づくロシアとマエストロへの共感が佳きケミストリーとなって、イメージを刷新するようなグリーグが姿を現す─そんな予感に胸が踊り、本番が心から待ち遠しくなってくる。

文:柴田克彦(音楽ライター)



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 11:11| 邦人アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

舘野泉 フェスティヴァル〜左手の音楽祭 2012―2013

 Izumi Tateno Festival 2012-2013
舘野泉 フェスティヴァル〜左手の音楽祭 2012-2013


左手は、ピアニストの命であり、音楽の核心である

「舘野泉 フェスティヴァル〜左手の音楽祭」は、舘野泉の左手から生まれる左手ピアノ音楽の集大成です。ピアノを、左手で演奏するという新たな視点からとらえたとき、日本の音楽界に新しい歴史がはじまりました。舘野泉のために書かれた作品を含めた左手ピアノのための名作を2年間で綴ってゆきます。「彼のための音楽を彼が弾く」これ以上の名演はないはずである!

* 舘野 泉に捧ぐ
** 舘野 泉左手の文庫助成作品
*** ヤンネ舘野&舘野泉に捧ぐ

左手の世界シリーズ Vol.1ーVol.7
舘野泉に捧げられた作品を中心として、ソロ〜室内楽〜協奏曲まで左手の作品をハイライトでお楽しみいただくシリーズです。

Vol.1<新たな旅へ・・ふたたび> *公演終了しました。
2012年5月18日(金) 19:00開演 第一生命ホール
バッハーブラームス:シャコンヌ ニ短調
スクリャービン:前奏曲と夜想曲 Op.9
間宮 芳生:風のしるしーオッフェルトリウム *
ノルドグレン:小泉八雲の怪談による3つのバラードU Op.127 *
ブリッジ:3つのインプロヴィゼーション

     

Vol.2 <光と水、土と花と樹のTransformation 珠玉の邦人作品!>*好評発売中
2012年11月4日(日)14:00開演 東京文化会館小ホール 
林 光:花の図鑑・前奏曲集 *
吉松 隆:タピオラ幻景 Op.92 *
松平 頼暁:Transformation *
末吉 保雄:土の歌・風の声 *
coba:記憶樹 *** 

Vol.3<祈り〜夢に向かって> *好評発売中
2012年12月8日(土) 14:00開演 東京文化会館小ホール
共演:柴田 暦(Vocal)平原あゆみ(ピアノ)
コーディ・ライト:祈り(三手連弾) **
T・マグヌッソン:ピアノ・ソナタ * **
塩見 允枝子:アステリスクの肖像(Vocal & Piano)**

パブロ・エスカンデ:音の描写(三手連弾)* **
1. 爬虫類 2.夢想 3.孤独 4 空の青

Vol.4 <絆〜優しき仲間たち> *2012年秋発売予定
2013年3月3日  東京文化会館小ホール  
共演:ヤンネ舘野(Vn),舘野英司(Cello),浜中浩一(Cl),北村源三(Tp), 野口 龍(Fl)
溝入敬三(Kb),菅原 淳(Perc)ほか
末吉 保雄:アイヌ断章(ピアノ四重奏)***
間宮 芳生:ヴァイオリン・ソナタ(世界初演)**
J・コムライネン:室内楽曲(編成未定・世界初演)**
吉松 隆:優しき玩具たち(ピアノ五重奏)***

Vol.5 <世界を結ぶ>*2012年秋発売予定
2013年5月予定 会場未定
共演:ブリンディス・ギュルファドッティル(チェロ/アイスランド)
パブロ・エスカンデ:Divertimento ***
平野 一郎:新作ピアノ曲(世界初演)**

ユッカ・ティエンスー:新作ピアノ曲(世界初演)**
T・マグヌッソン:チェロ・ソナタ(世界初演) **
coba:新作(編成未定・世界初演)**

Vol.6 <恐るべき子供たち>*2013年発売予定
2013年9月予定 会場未定
共演:ヤンネ舘野,亀井庸州(Vl)多井智紀(チェロ)ほか
一柳 彗:新作室内楽曲(編成未定・世界初演)**

レオシュ・ヤナーチェク:カプリチオ(ピアノと管楽器8本のために)
E.W.コルンゴルド:ピアノとヴァイオリン2本、チェロのための組曲 Op.23

Vol.7 <77歳のピアノ協奏曲> *2013年発売予定
2013年11月10日 14:00 東京オペラシティコンサートホール
共演:ラ・テンぺスタ室内オーケストラ(フィンランド) 指揮:野津如弘
P.H.ノルドグレン:ピアノ協奏曲第3番<死体にまたがった男> *
吉松 隆:ピアノ協奏曲<ケフェウス・ノート> * **
池辺晋一郎:ピアノ協奏曲(世界初演)**

主催  ジャパン・アーツ
後援  フィンランド大使館 
協力 avex-CLASSICS  舘野泉ファンクラブ ヤマハ株式会社
≪お申込み≫ジャパン・アーツぴあコールセンター 03-5774-3040 www.japanarts.co.jp/ 



響きあう小さな部屋で Vol.1―Vol.4

会場:ヤマハ・コンサートサロン(ヤマハ銀座ビル6階)(80名限定)    
演奏者の細かい息使いまでが感じ取れ、聴衆と演奏者が一体となった音楽空間
「響きあう小さな部屋で」このシリーズでは、チャーミングなピアノ・ソロの作品を集めました。 

<響きあう小さな部屋で Vol.1> ―左手音楽初期の大作・光と影―

2012年10月29日(月) 19:00開演
ライネッケ:ソナタ Op.179
コーディ・ライト:組曲<アメリーの一日> **
末吉 保雄:いっぱいのこどもたち * **
エドウィン・シュールホフ:第三組曲

<響きあう小さな部屋で Vol.2> −邦人作品集―

2013年 1月12日(土)  14:00開演
吉松 隆:アイノラ抒情曲集 Op.95 *
吉松 隆:ゴーシュ舞曲集 Op.96 *
近藤 浩平:海とカルスト Op.98
木島 由美子:いのちの詩 *
谷川 賢作:Sketch of Jazz 1 *

<響きあう小さな部屋で Vol.3> −中欧北欧の作品―

2013年 2月14日(木)  19:00開演
マックス・レーガー:4つのエチュード
エンノ・タカ―チュ:トッカータとフーガ Op.56
ディヌ・リパッティ:ソナチネ
ハンス・ウェルナー・ヘンツェ:左手のために
フランツ・シュミット:トッカータ
ヴェリ・クヤラ:左手のための舞踊曲集−Lefthandances  *
A・メルネス:3つのミニチュア

<響きあう小さな部屋で Vol.4> −南欧、ラテンの世界―

2013年 6月 予定
カミュ・サン=サーンス:6つのエチュード
フランシスコ・ミニョーネ:14の小品集
B.X.モンサルヴァージュ:3つの小品
アルベルト・リャナス:左手のためのエチュード
A.ピアソラ/啼鵬:ピアソラの3つの風景

≪お申込み・お問い合わせ≫アーツ・アイランド TEL03-6914-0353  www.artsisland.com
FAX03-6914-0586




坂の上のコンサート〜舘野 泉と仲間たち
ムジカーザ(千代田線・小田急線 代々木上原駅より徒歩3分)(100名限定) 
舘野泉は2006年から5年間、「坂の上のコンサート」と題した15回にわたる演奏会を代々木上原のムジカーザでプロデュースしてきました。一般のコンサートではあまり紹介されないが、存在感溢れる作品を取り上げて好評を得ました。今度は4回のシリーズで「左手の文庫」委嘱の室内楽作品、それに演奏される機会は少ないが力強い野性に溢れたもの、或いは詩情に満ちた作品を取り上げていきます。毎回、コンサートの冒頭には不思議な佇まいを見せる塩見允枝子の作品が道標のように置かれています。長年にわたり幾多の音楽祭を育て上げた舘野泉のプロデューサーとしての一面も窺い知れるでしょう。


<坂の上のコンサート〜舘野 泉と仲間たち Vol.1>

2012年9月12日(水)18:30開演 
共演:ヤンネ舘野、久保春代、水月恵美子、亀井庸州、多井智紀ほか
塩見 允枝子:架空庭園 T *
パブロ・エスカンデ:ヴァイオリンとピアノのためのソナチナ ** ***
吉松 隆:四つの小さな夢の歌(三手連弾)
吉松 隆:三つの聖歌
ヒナステラ:ピアノ五重奏曲

<坂の上のコンサート〜舘野 泉と仲間たち Vol.2>
2013年3月23日(土)18:30開演 
共演:ヤンネ舘野、広瀬悠子、吉岡裕子、秋場敬浩、塩見 允枝子:架空庭園 U *
セヴラック‐末吉保雄:休暇の日々より(三手連弾)* **
啼鵬:Tradition of North Europe (Violin Sonata) **
U・シサスク作品:銀河巡礼 他

<坂の上のコンサート〜舘野 泉と仲間たち Vol.3>
2013年5月16日(木)18:30開演
共演:浜中浩一、ヤンネ舘野、水月恵美子、多井智紀、フルート奏者
塩見 允枝子:架空庭園 V *
T.マグヌッソン:アイスランドの風景(仮題) 世界初演 **
谷川 賢作:Sketch of jazz U(ヴァイオリンとピアノ) *****
パブロ・エスカンデ:チェスの対決(クラリネットとピアノ) ***
ジョージ・クランブ:鯨の声(フルート、チェロ、ピアノ)
谷川 賢作:スケッチ オブ ジャズU(ヴァイオリンとピアノ)****

<坂の上のコンサート〜舘野 泉と仲間たち Vol.4>
2013年10月17日(木)18:30開演 
共演:柴田 暦、ヤンネ舘野、亀井庸州、多井智紀
塩見 允枝子:アステリスクの肖像(vocalとpiano) **
平野 一郎:精霊の海〜小泉八雲の夢に拠る(Vl,Pf)**  ***
池辺 晋一郎:ストラ‐タ[(ヴァイオリンとチェロ)
ピアソラ/啼鵬:ブエノスアイレスの四季 ほか(ヴァイオリンとピアノ)**
マルタン:フラメンコのリズムによるファンタジー



光が丘美術館で  ― 平家物語の版画展と吉松隆の「平清盛」 *完売いたしました。

2012年6月17日(日)14:00開演 
光が丘美術館:地下鉄大江戸線 光が丘駅下車徒歩10分

≪お申込み・お問い合わせ≫アーツ・アイランド TEL03-6914-0353  www.artsisland.com FAX03-6914-0586



 船出にあたり 脳出血を患って半身不随になってから丁度10年の歳月が過ぎた。2年半のブランクを経て左手のピアニストとして活動を始めてからは7年半。いま75歳である。こんなに長く生きられるとも、変わることなく音楽と共に日々を過ごせるとも想像だにしなかった。2年余のブランクといったが、一見何も出来ずに鬱々としていたあの空白の期間こそ貴重なものだった。音楽にたいする飢えがどれほど凄まじいものであったかをまざまざと体験できたからだ。それを通り抜けたからこそ、左手だけで不自由だとも、両手で弾きたいとも思わないのだろう。自分には左手だけで弾いているという意識さえない。やっているのは音楽なのである。<左手の音楽祭>を計画しだしてから3年。やっと思うような方向に焦点を定めることが出来た。当初は左手の音楽発祥の地ドイツ、オーストリアを中心に、左手の音楽の歴史を見渡せるような全体像を考えたが、結局はここ数年、自分が委嘱し演奏してきたものを軸に据え、16回のコンサートに纏めてみた。2010年に、左手のピアノ音楽について360頁の大著を出版したウィーンのピアニスト、アルベルト・サスマンは「現代日本の左手のピアノ音楽は世界で最も興味深く、自由で多様な姿を示している」と述べている。間宮芳生の「風のしるし・オッフェルトリウム」が日本初めての左手の作品として書かれたのが2004年。それ以後の数年間に誕生した協奏曲、室内楽曲、独奏曲の数は枚挙にいとまがない。この「左手の音楽祭」の終わりの方で演奏することになっている曲には編成すらまだ不明のものも多いから、かなりサヴァイヴァルでもある。いずれにしても、オールドベテランから若手までが一緒になって演奏出来るのは稀なこと。我が国の演奏史の一端を垣間見ることも出来るだろう。2006年に創設した「左手の文庫」には多くの方の賛同を頂だき、お陰で日本ばかりでなくアルゼンチン、アイスランド、アメリカ、フィンランドからも優れた作品が寄せられた。深く感謝したい。
舘野 泉 

posted by Japan Arts at 19:10| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

ロマノフスキー【公演レポート】オペラシティ・マチネーシリーズに登場!

アレクサンダー・ロマノフスキーは5月19日にラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏し、素晴らしい演奏にすっかりと魅了されました。
指揮は篠ア靖男、そして管弦楽は読売交響楽団。

≪公演詳細≫ 読売日本交響楽団との共演
第144回オペラシティ・マチネーシリーズ
2012年5月19日(土) 14:00開演
指揮=篠崎靖男
ピアノ=アレクサンダー・ロマノフスキー
<曲目>
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
ブラームス:交響曲 第2番  ニ長調 作品73

 ロマノフスキーは年齢などを超越したアーティストの風格をまとい、登場した姿だけでぐっと惹き付けられ、静かな佇まいでありながら、ピアノに向かうと雄雄しく、とても大きな手で冒頭のうねるような管弦楽に乗ってぐいぐいとラフマニノフの熱情の世界へと誘いました。

そしてまたなんとピアノを美しく鳴らすのか、、、大音量であってもけっして澱むことなく、響きと融和する音色。
 心が浄化するほどの第二楽章の美しさでした。
 詩情にあふれた歌と、迸る熱情にすっかりと心を奪われ、これぞラフマニノフのピアノ協奏曲!を堪能しました。
 ロマノスフキーは鳴り止まない拍手に応えてショパンのノクターンの遺作とスクリャービンのエチュードop.8-12を演奏し、会場は大喝采!
 急遽、行われたサイン会も長蛇の列で、またまたスターの誕生です。
 今、聴いておきたいピアニストであり、今、聴き逃すには惜しいピアニスト!
 ピアノ・リサイタルは5月22日(火)19時 紀尾井ホールです。

Sasha @ interview.JPG
来日早々取材を受けるロマノフスキー

at photo session.JPG
ロマノフスキーは足が長くてカメラに納まりきらない〜。

at photo session 2.JPG
やっぱりピアノを見るとじっとしていられなくなる。

with Tania.JPG
いい演奏家になる秘訣は?という問いに、「重要なひとつとして、育った環境があげられます。私は本当に家族に恵まれました。」
凱旋公演は、妹でパーソナル・マネージャーのタチアナといつも一緒。

at signing session.JPG
すらりとしたその姿にも、知性と情熱の両面を持つ演奏にも、ラフマニノフ本人を彷彿とさせる瞬間がある。
終演後のサイン会は多くのファンに囲まれていた。



アレクサンダー・ロマノフスキー ピアノ・リサイタル
2012年5月22日(火)19時開演 紀尾井ホール
<曲目>
ハイドン: ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob XVI-52 
ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲 Op.35 第1部・第2部
ラフマニノフ: 練習曲「音の絵」Op.39 より
 第1曲 ハ短調/第2曲 イ短調/第3曲 嬰へ短調/第5曲 変ホ短調「アパッショナート」
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36 (1931年改訂版)
詳しい公演情報はこちら
posted by Japan Arts at 17:43| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルドルフ・ブッフビンダー2012年6月来日記念盤を発売!ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ名曲集

ベートーヴェンの大家による充実の名演奏。
日本の音楽ファンのための特別な選曲盤。
〜ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ名曲集
Buchbinder_CD2012.jpg
2012年5月23日発売!
税込み価格:¥2,520

ソニー ミュージックの公式ページ

 ウィーンの巨匠、ルドルフ・ブッフビンダーによるRCA Red Sealへのデビュー・アルバムです。1946年生まれで、ウィーン国立音楽大学で学んだ神童は、21世紀の今日、ハイドンからブラームスに至るドイツ・オーストリア音楽の本流において、並ぶもののない名ピアニストとして高い評価を得ています。特に「ピアニストといえばルディ」と言われるほど、クラシック音楽の本場ウィーンで最も愛されている名ピアニスト。中でも特にベートーヴェン作品の演奏解釈では世界的な大家で、1980年代にはピアノ・ソナタ全曲を含むピアノ作品全集を録音しています。
 このアルバムは、それから四半世紀を経て、ドレスデンのゼンパーオーパーでのライヴ・レコーディングをもとに2011年に完成させた2度目の全集から、ブッフビンダー自身が日本のファンのために選曲したもので、有名なタイトル付き4大ソナタを収録。楽譜を緻密に読み込んだ上で、作曲者の指示を着実に音化し、ロマン派的な演奏伝統を洗い流した清新な演奏は、聴衆を前にした緊迫感と円熟味が加わって、長く聴き続けられるべきスタンダードとしての充実度を備えています。

■解説:ルドルフ・ブッフビンダー「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ〜独自の音楽世界」
ヨアヒム・カイザー「わが友『ルディ』・ブッフビンダーのピアニストとしての驚くべき特質」

■収録曲目
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2「月光」
ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」
ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調作品81a「告別」
ピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「熱情」

[録音]
2010年11月28日(第14番)
2011年1月2日(第26番)
2011年2月20日(第23番)
2011年3月6日(第8番)
ドレスデン、ゼンパーオーパーでのライヴ・レコーディング


『ルドルフ・ブッフビンダー・プロジェクト in トリフォニーホール2012』

【第一夜】リサイタル
2012年6月16日(土) 19:00開演(18:30開場)

【第2夜】協奏曲《ブラームス:ピアノ協奏曲全曲演奏会》
2012年6月19日(火) 19:00開演(18:30開場)

詳しい情報はこちらから
posted by Japan Arts at 15:36| ルドルフ・ブッフビンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

河村尚子 掲載情報(音楽の友の表紙に)

2012年6月号『音楽の友』
表紙&インタビュー“プレトニョフ&ロシア・ナショナル管”について
ontomo201206.jpg


プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール

 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 12:24| 邦人アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダニール・トリフォノフ 掲載情報[音楽の友]

現在来日中のダニール・トリフォノフが「音楽の友」の取材を受けました。
『オントモ・ヴィレッジ』 編集日記
http://www.ontomovillage.jp/blog/index.html/2570

6月には再来日し、27日(水)東京オペラシティで飯森範親指揮 山形交響楽団との共演があります!


山形交響楽団創立40周年記念
さくらんぼコンサート2012
飯森範親指揮 山形交響楽団 東京公演
〜2011年チャイコフスキー国際コンクールの覇者、トリフォノフをソリストに迎えて〜

yamagata_flyer.jpg
6月27日(水)19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
<曲目>
西村朗:創立40周年記念委嘱作品
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73
公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 10:44| ダニール・トリフォノフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

掲載情報(河村尚子)

2012年6月23日付のSANKEI EXPRESS
河村尚子のインタビューが掲載されました。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120502/ent12050215260013-n1.htm
kawamura_photo.jpg

posted by Japan Arts at 11:19| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

インタビュー アレクサンダー・ロマノフスキー

「大好きな作品を選んだ」 プログラムへの考え
Romanovsky.jpg
─紀尾井ホールのプログラムは、どのようにして選んだのですか?

 まず何よりも、僕が好きな作品を選びました。おもしろいプログラムだと自負しています。前半は、のちのロシア音楽に音楽的アイデアが影響を与えたブラームスと、ロマンチシズムが大きな影響を与えたシューマンというふたりの作曲家をとりあげます。そして後半は、大好きなロシア音楽です。ロシアの作曲家たちは僕にとって近く、伝えやすい音楽なのです。
特にラフマニノフは感覚の重なる部分が大きくて、自分自身の性格にとても似ていると感じます。家族や友人を大切に思っていたところや、大きな手も似ているんですよ(笑)。今回演奏するソナタの2番は、聴衆のみなさんからも愛されている作品です。彼のアイデアや愛、想い、さまざまな感情が凝縮された形で詰まっています。実は、ラフマニノフのソナタ1番も好きなのですが、やはりとても大きな作品で誰しも一種の恐れを抱くのか、あまり演奏される機会がありませんね。

─練習曲「音の絵」からの4曲も演奏されます。演奏中、何か具体的なイメージは思い描くのでしょうか?
 僕は演奏にあたって、もともと具体的なイメージを持つほうではありません。特にこの作品については、ラフマニノフ自身も具体的な「絵」を想像して演奏することは好まなかったと聞いています。嵐の海を低く飛んでゆく鳥のイメージなど、さまざまな絵を描くことも素敵だとは思いますが、僕自身の演奏中について言えば、「感情の絵」というのがもっとも近いですね。自分の心の中にある感情を音で表すだけです。

─ハイドンのソナタについてはどのような理解をされていますか?
 ハイドンは驚くべき作曲家です。彼の音楽には、悲劇的な要素とポジティブな感情が共存しています。今回は最後のソナタを取り上げますが、作風が限りなくロマン派に近づいてきている、彼の芸術性が熟した作品です。

─ブラームスのパガニーニの主題による変奏曲は、すでに録音もリリースされていますね。この作品については、どのような理解で演奏しているのでしょうか?
 ブラームスの作品群の中で、最も難しいもののひとつだと思います。パガニーニの主題は、おそらく作曲家にとって心を惹かれ、手を出さずにはいられないモチーフなのでしょう。他にもラフマニノフなど、たくさんの作曲家が好んで作品に用いていますね。ブラームスはこの主題を、自由な想像力から実に多様な音楽の権化に変えてみせています。だからこそ、演奏するときに大切なのはとにかく型にはまらず自由であること。そうすれば、大きな可能性が広がります。めまぐるしい展開に、比較的長い作品であるにもかかわらず、たった数分間に感じるのではないでしょうか。

─これまで、録音でも変奏作品を多く取り上げていますよね。
 意図的にそうしているわけではないのですが、想像をかき立てられる変奏曲集は、確かに好きです。

─読売日本交響楽団との共演では、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏されます。
 ラフマニノフのピアノ協奏曲が持つ優雅な音楽の世界は、僕にとって格別です。どれほど多くの美しいメロディにあふれていることでしょう! 技術的には3番のほうが難しいかもしれませんが、2番は、作曲家の記した極上のメロディを真に美しく聴き手に伝えることがとても難しい作品です。ラフマニノフの音や本当の姿を、素直に、純粋に表現することは、簡単なようで実はとても難しいのです。

─日本のオーケストラである読売日本交響楽団との共演、篠崎氏との共演に期待しているところはありますか?
 指揮の篠崎氏とは以前フィンランドでショスタコーヴィチのピアノ協奏曲(第1番)を共演したことがあります。再びご一緒できるのがとても楽しみです。
 日本のオーケストラとの共演は、実は今回が初めてです。日本の音楽家の皆さんは、音楽に対して真摯な方たちがとても多いと聞いています。そんな彼らとともに、音楽をよく理解する日本の聴衆の皆さんの前で演奏できるこのコンサートは、僕にとって大変責任ある、重要なものになると思います。


「一瞬にして大きく変化する人生」 これまでの歩み
124434_750.jpg
─若いころから著名な指揮者と共演を重ねていらっしゃいますが、あなたにとって特にゲルギエフ氏との出会いはどのようなものでしたか。

 彼は信じられない人で、世界で最も素晴らしい指揮者のひとりです。彼と演奏する機会を得たことは、僕の人生の中で一番幸運な出来事のひとつでした。素晴らしい指揮者はたくさんいますが、彼ほどダイレクトに心に訴えかける音楽をする人はいません。

─恩師のレオニード・マルガリウス氏からの影響はどのようなものでしたか。
 もしもあなたが僕の演奏を好きだとすれば、この演奏は完全にマルガリウス先生との出会いのおかげで生まれたものだと思っていただければ(笑)。先生は、ホロヴィッツの実姉であるレジーナ・ホロヴィッツの愛弟子です。だから、僕にとってホロヴィッツは単に偉大なピアニストであるだけでなく、音楽的に祖父のような存在でもあります。
 僕がピアノを最初に習ったのは、ウクライナのナタリア・クロア先生です。当時ピアノは絵やダンスなどいくつかの習い事のひとつでしたが、先生は僕にピアノの才能があるから、ハリコフの特別な中央音楽学校に入るべきだと強く勧めてくれました。そこで、マルガリウス先生に会うことがでました。これは僕にとって大きな転機でしたね。それまで、僕はどこにでもいる普通のピアノの上手な子供でしたが、まったく別の世界に出会ったのです。
 ですがそのとき先生はウクライナから永遠に去り、イタリアへ行ってしまうところでした。その後しばらくして、僕たち一家は、僕が引き続き先生のもとで学べるようにするためだけにイタリアへ移住しました。決してウクライナを離れたくて離れたわけではありません。両親にとっては大変な苦労のある時期だったと思います。文化や言葉がまったく違う環境の中でも、生活をたてるためにたくさん働かなくてはいけませんでしたから。両親と妹には本当に感謝しています。
 マルガリウス先生は、すばらしい演奏家であり、作曲家です。そして、音楽だけでなく、映画や文学などすべての芸術のことをご存知です。先生の家にはピアノがあって、家具がほとんどなく、その他にあるものと言えば溢れるほどの本ばかり。その家を夕方ごろ訪ねて、少しピアノを弾いたあとは、映画や文化など本当にたくさんのことについて話をしました。先生のもとでは14年間学びました。今も交流は続いていて、いつもメッセージをくれますよ。

─人生の中で、良い人たちと出会い、チャンスを掴んでここまでやってきたのですね。
 はい、その通りです。現在師事しているドミトリ・アレクセーエフ先生との出会いもそのひとつです。先生のもとで学ぶようになったとき、僕は23歳と既にピアニストとしてある程度自立していましたが、先生の見解を聞き、これまでにない異なった角度から音楽を見ることは本当に興味深いのです。先生はまだ60歳と若いので、これからもいろいろなことを学びたいですね。
人生は、何かが起きると一瞬にして大きく変化する。本当におもしろいものです。

─好きな音楽家は誰ですか?
 たくさんいて名前を挙げるのは難しいですが、もちろんまずはホロヴィッツ。大切な人物です。音楽とは、聴く人に何かを感じさせるものでなくてはいけません。ドキドキする興奮、じんとするような安らぎ、ざわめくような不安……ただ聞き流されるようでは充分でありません。ホロヴィッツの演奏は、どれも聴く者の心に「跡」を残します。僕もそんな演奏家でありたい。聴いている方と一体となる、感情のやりとりがある演奏会をしたいと思いながら、いつもステージに立っています。
 ヴァイオリニストでは、ダヴィド・オイストラフ、指揮者では、ムラヴィンスキーやカラヤン、バーンスタインも好きです。
ピアニストでは、グレン・グールドですね。録音もよく聴きますよ。彼は常に何かを模索しながらピアノに向かっていた。とても尊敬しているピアニストのひとりです。


「愛猫は一番近くて厳しい“聴衆”」 リラックスする時間

Romanovsky17.jpg
─生活の中であなたの音楽にインスピレーションを与えるものは何ですか?
 音楽ほどにすばらしいものは、他にありません。誰かが演奏しているその瞬間に、流れて消えてしまう。確かにそこに存在するけれど、どこにも形がない。だからこそ他のどんな芸術と比べても、もっとも直接的に心に届くのではないかと思っています。音楽とは、自分自身がそのまま投影されるものです。悪い人間が良い音楽家になれるはずはありません。僕の普段の行い、態度のすべてが、音楽にふさわしいものでありたいと考えて日々生活しているだけです。

─小さいときは、どんなお子さんだったのですか?
 静かで、いろいろなことに好奇心を持つ子供でした。今と同じです(笑)。見るものを端から、これ何? どうなっているの? どうして? と尋ねるような。そして音楽はもちろん、芸術全般が好きでした。僕に音楽の道に進む資質があったことを、とても幸運に思っています。
でも音楽ばかりしていたわけではないんですよ。学校の勉強も好きで、成績もけっこう良かった(笑)。歴史にしろ、数学にしろ、勉強しなくてはいけないというよりは、興味があって知りたくなってしまうから勉強していたように思います。

─とても可愛がっている猫がいるそうですが。
 はい、ウクライナを離れる3日前に飼い始めた猫で、もう15歳です。僕がピアノ弾いているとやって来て、足元で横になり何時間もじっとしています。時々、ダンスをすることもあるんですよ。バッハやロシア音楽が好みのようです。テレビから好きでない音楽が流れると、プイッとどこかへ行ってしまいますから、やはり好き嫌いがあるのでしょう。僕の練習中はそういうことがないので、良かったです(笑)。一番身近であり、厳しい“聴衆”ですね。

─何か趣味はありますか?
 旅行や歴史が好きなので、ある街を訪れるとできる限りあたりを散策します。そうして新しい発見をするのが楽しいので。読書や古い映画の鑑賞も好きです。そして時事や世界のニュースは現在進行形の歴史ですから、とても注意を払って見ています。
昨年日本を襲った震災には、本当に胸が痛みました。あの時はさまざまなニュースが流れてきましたが、時が経つにつれ、報道が減ってしまったように思います。今、被災地のみなさんはどんな状況なのでしょうか……。震災後の日本のみなさんの強く勇敢な姿勢には本当に心を打たれました。互いを思いやり、助け合う精神。そんな日本の方々ならばあのような悲劇も必ず乗り越えることができるだろうと、世界中が信じたと思います。

─来日で楽しみにしていることは?
 16歳のとき初めて日本を訪れました。今度が3度目です。日本の文化にはとても魅かれていて、実は少し日本語を勉強しています。いくつかの単語やフレーズは話せるんですよ。
 日本食ももちろん大好きです。時間があれば、本格的な日本食のお店に行ってみたいですね、高級でなくていいから(笑)。今回は東京だけですが、これをきっかけにまた日本に来て、もっと他の街も訪れることができたらと期待しています。日本のみなさんは音楽に対してとても感受性が強いので、音楽を通じた共通言語を見つけ、近づき、親しくなれるだろうと確信しています。早くみなさんに僕の演奏を聴いていただきたい。僕も楽しみにしているので、みなさんもどうぞ楽しみにしていてくださいね!


来日記念盤3タイトル 5月16日に発売されます!
デッカ SHM-CD 各¥2,600(税込)
巨匠指揮者ジュリーニに「途方もない才能」と賞賛されたロマノフスキーが、イタリア・デッカでリリースされている3つのアルバムを来日記念盤として一気にリリースします!

シューマン:交響的練習曲、ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲
Schumann_Brahms.jpg

ラフマニノフ:練習曲集《音の絵》、コレッリの主題による変奏曲
Rachmaninov.jpg

ベートーヴェン:ディアべッリの主題による変奏曲
Romanovsky_Beethoven.jpg

視聴や詳しい情報はアレクサンダー・ロマノフスキー公式ホームページにてご覧ください!
http://www.romanovsky.it/web/music.aspx


『アレクサンダー・ロマノフスキー ピアノ・リサイタル』

2012年5月22日(火)19時開演 紀尾井ホール
<曲目>
 ハイドン: ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob XVI-52 
 ブラームス: パガニーニの主題による変奏曲 Op.35 第1部・第2部
 ラフマニノフ: 練習曲「音の絵」Op.39 より
          第1曲 ハ短調
          第2曲 イ短調
          第3曲 嬰へ短調
          第5曲 変ホ短調「アパッショナート」
 ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 10:43| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

「あの大きなロシアの大陸を・・・・」河村尚子、ロシア・ナショナル管弦楽団との共演に寄せて

kawamura(C)Ariga Terasawa.jpg

取材・文 青澤隆明

―ロシア・ナショナル管弦楽団との6月の共演がいまから楽しみです。グリーグのピアノ協奏曲は河村さんからの提案だそうですが、この作品にどのような愛着をおもちですか。
「去年の1月に読売日本交響楽団と演奏して、改めてこの作品の魅力に惹かれました。旋律の美しさはもちろん、ソロとオーケストラの展開のしかたが素晴らしいのだという気持ちが、私のなかでとても高まってきて。特別な和声と、第2楽章の旋律の豊かさや美しさが、やはりいちばんの魅力だと思います。第3楽章のロンド的な、舞踊的な部分も好きです。この曲はとても絵画的ですよね。ノルウェーというお国柄もあって、私は童話的な曲想を強くイメージします。こびとがたくさん出てきたり、フィヨルドの景色がぶわーっと湧いたり。明確につくられているから、聴きやすく、愛される曲なのだと思います」。

―他の協奏曲にはない独特の魅力がありますね。
「リズムの使いかたが特徴的で、ほんとうに躍動感に溢れている。急に3拍子から2拍子になる部分を、わざとルバート気味にさせるところとか。それから、ちょっとショパンを思わせますが、第2楽章の始まりは、ピアノがほんとうにオペラのアリアをふくらませるようにして、そこにオーケストラが入って流れこんでいく。そんなところも魅力的ですね」。

―ロシア・ナショナル管弦楽団との共演には、どのような期待をおもちでしょうか。
「このオーケストラとは、7年ほど前に一度共演したことがあります。スピヴァコフの指揮で、ショパンの協奏曲第1番を弾きましたが、モスクワ音楽院の大ホールで演奏させていただけるというので、それこそ大喜びで、どぎまぎしていました。ロシアのオーケストラ特有の深い音を出して、いったん波に乗ってしまえば勢いが良すぎて誰も止めることができない。モダンなロシア、西洋の香りの入ったロシアの音楽家が多く活動していますので、彼らが新しい風を送りつつ、みんなで音楽をつくるオーケストラなのではないでしょうか。7年前に共演したから同じオーケストラだとは思わず、新たな気持ちで取り組みます」。

―協奏曲の演奏経験を多く積まれて、ご自身の演奏も7年前とはだいぶ違うでしょう?
「まったく変わってきていると思います。いろいろなオーケストラとの共演の機会をいただき、曲の聴かせどころがわかってきた。オーケストラを聴かせる場所、いっしょに波に乗る場所・・・・いろいろな役目があって、全体で劇をしているような。人生のなかでもそうですけれど、サポート側になったり、主役になったり、いっしょに騒ぐパーティーがあったり、という感じなのではないかと思います」。

―ピアノの音色への想像力も、オーケストラとの音楽づくりでは、趣が違ってきますか。
「たとえば、グリーグの第3楽章のコーダでは、タンバリンなどの打楽器もイメージできますね。ただ、木管楽器が旋律を歌うときはほんとうに美しいので、それに負けないくらいにピアノの声を美しく歌いたい。人間の声を目指すのがいちばん自然だと思います。歌を共通点にすれば、違う音色が出てくるけれど、やはり語り合っているわけですから」。

―ロシア音楽やこの国への個人的な思いをお聞きしましょう。
「一言にすれば無限ですね。ほんとうに大きい心をもった人がたくさんいる。何にもしばられず、広くて寒い国なので、みんなひとつになるということが得意なのだと思います。だから、とても情熱的。自国への誇りを強くもった人たちでもあるので、正々堂々と自分たちの音楽を奏でるのだと思います。ドイツへ行き帰りする飛行機のなかから眺めていても、平地がずっと続いている。食べ物も脂っこいものがたくさんで、食事も大盛りですから、みなさん体格が大きい。そこから滲み出てくるのが、ロシア特有の音楽なのだと思います。私は個人的にロシアのオーケストラと共演するのが好きですね。彼らはリハーサルでもお喋りしたりして、なんというか、お行儀が悪いんですよ。それが本番となると、音楽を愛していて、パッションがあって、みんな一所懸命弾く。音楽性があるから、愛があるからこその音楽。正確さよりも自由さがあり、天真爛漫なところも魅力ですね」。

―指揮者のミハイル・プレトニョフは、天才的なピアニストでもあるので、共演には独特の思いをもたれているのではないでしょうか。
「偉大な音楽家で、作曲も指揮もして、ピアノも素晴らしい。才能がありすぎて怖い。ピアノはもう弾かないそうですが、独特の旋律の歌い回しなどほんとうに強烈ですし、いろいろな感覚をマルチにもっていて、ピアノだけには収まりきらない人なのだと思います。こんなにも偉大なピアニストのそばで、ピアノを弾くというのは、ほんとうに怖ろしいことです。私が弾いていいのか、という恐怖があります。でも、引き受けてしまった(笑い)。ほんとうにいい経験になると思います。とても楽しみですね、恐怖もあり、楽しみもあり・・・・」。

―ロシア楽派のピアニストという流れでいうと、河村さんの先生のウラディーミル・クライネフを遡ると、ネイガウス父子に行きつきます。プレトニョフはヤコフ・フリエール門下でしたね。河村さんはロシア・ピアニズムについてどのようにみられていますか。
「ロシアン・スクールでは、100年前にモスクワ音楽院に集まっていたピアニストが触発し合って、異なるルーツの良いものすべてを凝縮していった。それをロシアの味つけにして、学校制度も含めて、技術的な面を徹底した。皆さん粒揃いのテクニックをもっていたのは素晴らしいことだと思います。技術あってこその音色、旋律のつくりかた、フレージングが活きている」。

―クライネフの教えで、河村さんのなかに大きく生きているのはどんなことですか。
「まず、作曲家が楽譜に書いたことを忠実に守る。そして、情熱と愛を注ぐということですね。『死んだ音楽だけはやめてくれ』と。ロシア音楽を演奏するときは、『あの大きなロシアの大陸をみろ、ドイツなんてこんなに小さいんだ』とよくおっしゃっていました。それだけスケールが大きく、寛容なスピリットがあるということですね。ロシアの言葉を話して、ロシアを訪問するたびに、『ああ、こういうことを言っていたのか・・・・』と思えてきました」。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール

 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 15:41| 邦人アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーカス・ゲニューシャスの電話インタビュー

2012年7月6日の来日公演リサイタルへ向けて電話インタビューを行いました。
Geniusas_Credit_Zeneka_Levin.jpg
Q:ショパン・コンクール本選の時から、ゲニューシャスさんの音楽は、オーラをまとっている、場の雰囲気が一変する・・・などと評されていますが、ショパンの作品はどのようなことを感じて演奏しているのですか?
A:演奏をしている私の立場からすると、音楽的な行為のプロセスを具体的に言葉で説明するというのはとても難しいことです。ある曲を弾く時に、自分から意識的に何か具体的な物をイメージしているか、あるいは何かの思いをこめているか、ということははっきりとは言えません。不意に、具体的なイメージがまざまざと浮かぶことがありますが・・・。
私は5歳から音楽を始めたのですが、私のように物心がついてからずっと音楽をやってきた人間は音楽そのものの言語で音楽を理解するようになるものです。決して、音楽が喚起するイメージの言語で理解しているのではありません。それは言わば二次的な言語なのです。一次的な言語というのは音楽が奏でられる時の音の響きそのものなのです。私たちは自分の感情や思いをこの音楽の言語で語ります。そこには文学的な連想や装飾が入り込む余地はありません。音楽の言語はとても表現豊かなので、ほかの言語で補ったりする必要がないのです。

Q:今回は、ソナタの3番を演奏してくださることも楽しみです。この大作に初めて取り組まれたのはいつごろですか?その時から、今とでは作品に対する考えはどのように変わりましたか? 
A:ショパンのソナタ第3番を演奏するようになったのは1年ほど前からで、それから何回もコンサートで演奏しています。多分、15回以上は弾いたでしょう。もちろん、このソナタはショパンのドラマチックな名曲のひとつで私にとってはピアニストとしてめざすべき到達点のひとつだと思いますし、とても難しい曲なので、かなりの時間をかけて練習しました。ショパンのソナタは第3番だけでなく、第1番も、第2番もレパートリーに入れており、ソナタ3曲で構成するプログラムで何度かリサイタルを行なっています。もちろん、メインとなるのは第3番ですね。
このソナタは、もちろん、以前からよく聴いていましたし、もともと大好きな曲だったのですが、いざ練習を始めると、当初は演奏にのめりこんでしまって、自分の感情のおもむくままに弾いてしまい、細かいニュアンスをきちんとコントロールできず、ディテールが抜け落ちてしまっていることに気がつきました。その後、練習も含めて何十回も弾いてきて、より客観的に自分の演奏を聴けるようになると、こうしたディテールの脱落が目につくようになってきました。今は抜け落ちていたディテールを拾い集めて、細かい仕上げをしているところです。

Q:そして、今回のリサイタルの後半はラフマニノフを選ばれましたね。ラフマニノフの前奏曲と、ショパンの前奏曲には、何か関連を感じますか? 
A:ラフマニノフとショパンの前奏曲に特に何か大きな関連性があるようには思えません。19世紀にショパンが作曲した「24の前奏曲」について、20世紀に24曲の前奏曲を作曲したラフマニノフが何も知らないはずがないし、何らかの影響を受けているとは思いますが、ただ、それは後世の作曲家が前の時代の作曲家から影響を受けているという一般的な意味合いでの影響の域を超えるものではないと思います。
ショパンとラフマニノフという組み合わせは、どちらもヨーロッパのロマンの香りが漂う曲ですけど、ショパンはポーランド出身で、大きく分ければスラブ系の文化圏に入るし、ラフマニノフも同じくスラブ系なので、そういう意味では二人には共通する点が数多くあります。
ラフマニノフの前奏曲24曲のうち、12曲を演奏しますが、これも適当に選んだわけではなく、ショパンのソナタ第3番とのバランスを考えて選曲しました。特にOp.32の前奏曲はラフマニノフが作曲家として成熟してきた時期の作品で、ショパンのソナタと互角に渡り合えると思います。

Q:音楽家一家に生まれられましたが、そのことをどのように感じていますか?生まれながらにピアニストになるように周囲から思われていた・・・など、素人は思ってしまいますが、プレッシャーだったこと、逆に良かったと思うこと、それぞれを教えてください
A:私が音楽一家に生まれたという事実は、私の運命を100%決定づけたと言えるでしょうね。私が生まれつき持っていた音楽的な才能は家族のサポートがなければ、現在の能力の10%も開花しなかったでしょう。祖母(ヴェラ・ゴルノスタエヴァ)は偉大な音楽家であり、名教師で、私の教育に全力を注いでくれました。同時に祖母だけでなく、両親ともに音楽家で、私の音楽家としての成長に全身全霊を傾けてくれました。それと、最近亡くなった私の父方の祖父もヴィリニュスのリトアニア国立歌劇場の首席指揮者を40年間務めた人で、この祖父からもとても大きな影響を受けました。そういう意味でも家族は私の人生において大きな位置を占めています。

Q:ゴルノスタエヴァ先生は、日本ともとても縁がある方ですが、ゲニューシャスさんにとってはどのような存在なのでしょうか?小さいころ、一番印象に残っている教えは何ですか? 家庭での音楽教育はどのようになされていたのでしょうか?
A:祖母から日本のNHKの音楽教育番組に出演していた頃の話をよく聞かされました。祖母にとってはとても懐かしい思い出らしいですよ。
ところで、音楽教育のことですが、5歳でピアノを始めた当初は祖母の友人のアレクサンドル・ベロメストノフという方にピアノを教わりました。その後、数年経ってから祖母に教わるようになったのですが、最初から特別な雰囲気でレッスンを受けてきた記憶があります。私は当たり前ですけど、祖母にとっては孫なので、一般の生徒や学生と比べると、いろいろな意味で特別扱いを受けていたと思います。他の生徒とは接し方が全く違うのです。もちろん、どの生徒に対しても分け隔てなく、誠心誠意、熱心に音楽を教えてはいましたけど、やはり、自分の孫に対する祖母の情というのは違うのでしょうね。ともかく、祖母は私のことを心から愛してくれたし、自分を犠牲にして私のために尽くしてくれました。両親、特に父は祖母のアシスタントを長年にわたって務めたこともあり、音楽家として祖母のことを尊敬していましたし、祖母が私に厳しく音楽を教えることについても全面的に信頼して任せていたようです。ともかく、祖母は私のために人生のほとんどを捧げてくれたと言っても過言ではないほどで、私の音楽家としての成長は家族、特に祖母のサポートがなければ、あり得ませんでした。
祖母から12年以上にわたってピアノのレッスンを受けてきたわけですが、その間、レッスンだけではなく、音楽について様々なことを語り合ったりしました。祖母はピアニスト、教師としての輝かしい実績もあり、人生経験も豊富で、リヒテル、ギレリスといったロシアの音楽界の錚々たる人たちと親交があり、祖母からは音楽だけではなく、様々なことを学びました。
ただ、私が大きくなってモスクワ音楽院に入学する前後から、時折、祖母と衝突するようになりました。私に対する祖母の過度の愛情のせいだと思いますが、私のほんのちょっとした行動に大袈裟に反応したり、干渉したりするのが私にはひどく煩わしく思えて、祖母に反抗したり、また、しばらくして仲直りする、ということを繰り返しました。それでも、祖母とのレッスンが中断することはありませんでした。雰囲気は険悪でしたけど。
最近は祖母も私のことを独立した大人として認めてくれるようになり、以前のように付き合えるようになりました。何と言っても家族ですし、祖母と孫の関係は変えようがありませんから。

Q:小さい時からピアノのレッスンは好きでしたか?イヤだと思ったことはありませんか?
A:音楽をやめようと思ったことはありませんけど、ピアノを習い始めた当初は、今ほど音楽が好きではありませんでした。でも、音楽家の家庭に生まれ、音楽家になることが自分の天命だと思っていましたし、祖母も両親も音楽家ですから、私に音楽の才能があり、きちんと教育すれば、開花すると確信していたのでしょう。ですから、私にピアノを教えようと決めたのでしょう。

Q:ピアノを弾かない時、普段はどのようなことをして過ごしていらっしゃるのでしょうか?
A:現在、モスクワ音楽院の4年生で、15歳の頃から演奏活動を行なってきましたが、最近はコンサートの回数も増えて、練習もしなくてはいけないので、以前ほど自由な時間は少なくなりました。それでも、友達がたくさんいるので、カフェでおしゃべりをしたり、プールやサウナに行ったり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ギターを弾いたり、ヒップホップに夢中になったり、ガールフレンドとも付き合っているし、ごく普通の学生と同じように過ごしています。
以前父が私の運命を暗示するようなことを言ったことがあります−「音楽が趣味だと思えるようになったら、お前も一人前の音楽家だよ」と言うのです。仕事上の義務として、いやいや練習したり、演奏するのではなく、本当に好きで音楽を聴いたり、楽しんで演奏したりするようになったら一人前の音楽家だというのです。まさしくその通りですね。今、自分はいろいろな演奏家の様々な曲、特に20世紀の音楽をCDで聴いたりするのが好きで、ピアノを弾くのが楽しくてしょうがないのです。まさに「趣味は音楽」という日々を謳歌しています。
練習時間は日によって違いますけど、最低でも3〜5時間は練習しています。

Q:最後に、来日を待ち望んでいる日本の聴衆にメッセージをお願いします。
A:
ショパン・コンクール入賞者ガラ・コンサートが行なわれた2011年1月に初めて日本を訪れた時、私にはとても懐かしい国にしばらくぶりに戻ってきたような不思議な感覚がありました。それというのも、祖母のヴェラ・ゴルノスタエヴァが私の小さい頃から折に触れて、日本について、日本の人々について、日本の生活、文化、風物、日本料理についてたくさん話を聞かせてくれ、私の頭の中に日本のイメージがしっかりと植えつけられていたからでしょう。すぐに日本が大好きになりました。
前回の日本ツァーではコンサートのアレンジも行き届いていて、大勢のお客様に私たちのコンサートを熱心に聴いていただき、温かい歓迎を受けました。今回のコンサートでも日本の音楽ファンの皆様に喜んでいただけるような演奏をしたいと思います。ぜひ、コンサートにお出かけください。

ありがとうございました。日本でお会いするのを楽しみにしています。

2012年4月21日 電話インタビュー



『ルーカス・ゲニューシャス ピアノ・リサイタル』
2012年7月6日(金) 19時開演 紀尾井ホール
<曲目>
ショパン:幻想ポロネーズ変イ長調作品61
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 作品58
ラフマニノフ: 前奏曲集Op.23より 第1番〜第7番
ラフマニノフ: 前奏曲集Op.32より 第1番、4番、11番、12番、13番

詳しい公演情報はこちらから
posted by Japan Arts at 15:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。