2012年05月21日

ルドルフ・ブッフビンダー2012年6月来日記念盤を発売!ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ名曲集

ベートーヴェンの大家による充実の名演奏。
日本の音楽ファンのための特別な選曲盤。
〜ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ名曲集
Buchbinder_CD2012.jpg
2012年5月23日発売!
税込み価格:¥2,520

ソニー ミュージックの公式ページ

 ウィーンの巨匠、ルドルフ・ブッフビンダーによるRCA Red Sealへのデビュー・アルバムです。1946年生まれで、ウィーン国立音楽大学で学んだ神童は、21世紀の今日、ハイドンからブラームスに至るドイツ・オーストリア音楽の本流において、並ぶもののない名ピアニストとして高い評価を得ています。特に「ピアニストといえばルディ」と言われるほど、クラシック音楽の本場ウィーンで最も愛されている名ピアニスト。中でも特にベートーヴェン作品の演奏解釈では世界的な大家で、1980年代にはピアノ・ソナタ全曲を含むピアノ作品全集を録音しています。
 このアルバムは、それから四半世紀を経て、ドレスデンのゼンパーオーパーでのライヴ・レコーディングをもとに2011年に完成させた2度目の全集から、ブッフビンダー自身が日本のファンのために選曲したもので、有名なタイトル付き4大ソナタを収録。楽譜を緻密に読み込んだ上で、作曲者の指示を着実に音化し、ロマン派的な演奏伝統を洗い流した清新な演奏は、聴衆を前にした緊迫感と円熟味が加わって、長く聴き続けられるべきスタンダードとしての充実度を備えています。

■解説:ルドルフ・ブッフビンダー「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ〜独自の音楽世界」
ヨアヒム・カイザー「わが友『ルディ』・ブッフビンダーのピアニストとしての驚くべき特質」

■収録曲目
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2「月光」
ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」
ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調作品81a「告別」
ピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「熱情」

[録音]
2010年11月28日(第14番)
2011年1月2日(第26番)
2011年2月20日(第23番)
2011年3月6日(第8番)
ドレスデン、ゼンパーオーパーでのライヴ・レコーディング


『ルドルフ・ブッフビンダー・プロジェクト in トリフォニーホール2012』

【第一夜】リサイタル
2012年6月16日(土) 19:00開演(18:30開場)

【第2夜】協奏曲《ブラームス:ピアノ協奏曲全曲演奏会》
2012年6月19日(火) 19:00開演(18:30開場)

詳しい情報はこちらから
posted by Japan Arts at 15:36| ルドルフ・ブッフビンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

ルドルフ・ブッフビンダーの公演情報

2012年6月にルドルフ・ブッフビンダーが来日公演を行います。
『ルドルフ・ブッフビンダー・プロジェクト in トリフォニーホール2012』
BUCHBINDER_FLYER.jpg
※画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

【第一夜】リサイタル
2012年6月16日(土) 19:00開演(18:30開場)
<曲目>
ベートーヴェン/ ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13 「悲愴」
ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 作品57 「熱情」
シューマン/交響的練習曲 作品13

【第2夜】協奏曲《ブラームス:ピアノ協奏曲全曲演奏会》
2012年6月19日(火) 19:00開演(18:30開場)
<曲目>
ブラームス/ ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83

<出演>
指揮:クリスティアン・アルミンク
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団

【料金】
●2公演セット券:S¥11,700 A¥9,900 B¥8,100
●1回券:S¥6,500 A¥5,500 B¥4,500
(トリフォニークラブ会員は、2公演セット券はS¥10,400 A¥8,800 B¥7,200、各1回券は各10%引き、同時入会申込可)

【お問合せ】トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212
ホームページ:すみだトリフォニーホール
posted by Japan Arts at 16:40| ルドルフ・ブッフビンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ブッフビンダー、メディア情報『ぶらあぼ 4月号』

2010年4月号『ぶらあぼ』
ブッフビンダーについて書かれています。
eぶらあぼで内容を読む
burabo04].jpg
posted by Japan Arts at 16:58| ルドルフ・ブッフビンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

“ハンマークラヴィーア”への期待!

 世界的寒波でウィーンも数年ぶりの大雪のなか、森の奥深いルドルフ・ブッフビンダー邸を訪ねる。ベルリンから帰ったばかりで、これからオスローに向けて出発するという、相変わらずの慌ただしさ。コンサートの回数は、それでも年に100回を越えないようにしていて、協奏曲とリサイタルは、ほぼ半々と語る。グルダが亡くなりブレンデルが引退した現在、“ウィーン・ピアノ流派”の後継者としてはブッフビンダーがその頂点にいるわけで、世界各都市におけるコンサートホールやフェスティヴァルでの彼の重要度は、およそ日本では想像がつかないだろう。さらに3年前からウィーン近郊のメッテルニッヒ侯爵城で開催されるサマー・フェスティヴァル、“グラーフネック音楽祭”の芸術監督として彼の社会的存在感は増大するばかりだ。
RB2_Basta.jpg
目下ベートーヴェンの「ソナタ全曲演奏シリーズ」がミュンヘンとワルシャワでランニング中であり、これまで全曲シリーズは40回以上と、ギネスブックものの記録保持者だ。

Q:膨大なレパートリーで知られるブッフビンダーさんですが、やはり中心となるのはベートーヴェンですよね。そこで神童時代から50年以上ベートーヴェンを弾いてこられて、ソナタの全曲演奏もたいへんな回数になりますが、それでも何か新しいものが見えてくるものですか?
ブッフビンダー(以下B):
つねに、弾くたびに毎回が新鮮です。ことにベートーヴェンだからこそ、と言うべきか。私は誰の作品でも二度と同じように弾くことはしないのですが、いつもコンサートを聞いている家内が、『今日、また違う弾き方をしたわね!』と驚くくらい新しいアイディアが沸いてきます。ベートーヴェンのソナタに関しては18種類ほどの異なった楽譜がいま手元にありますが、それらの比較がたいへん興味深いのです。もちろん旅行先では図書館や研究所でベートーヴェンの自筆譜を研究して、それが私の演奏解釈のバックグラウンドになっています。

Q:今回の来日プログラム、「第10番」、「第23番“熱情”」、「第29番“ハンマークラヴィーア”」のうち、「ハンマークラヴィーア」は日本ではじめてになります。体力的にもたいへんな作品だから、いま年齢的にもちょうど良い時期かもしれませんね。
B:
「ハンマークラヴィーア」は「ディアベッリ変奏曲」と並んでベートーヴェンがピアノを通して自分の世界観を語った巨大な記念碑というだけではなく、ピアニストに対して途方もない精神力と体力を要求する特別なモンスター作品です。「ディアベッリ」はすでに日本で弾いているので、今回「ハンマークラヴィーア」が実現できてうれしいです。この曲をちょうどワルシャワやミュンヘンで弾いている時期でもあるので、タイミング的にも良いですね。年齢と体力に関しては、私はこの先もずっと「ハマークラヴィーア」を弾き続ける自信があります。独自の練習メトードを練り上げたんですよ。

Q:学生時代にサイドルホーファー先生から習ったのとは違うメトードですか?
B:違います。私が自分で考案したのです。いま1日の練習時間は2時間程度で、他の時間は読書とか、趣味に当てるようにすることで肉体的にも精神的にも余裕が出てきます。

Q:6時間とか8時間とかいうピアニストが多いですよね
B:それはナンセンス。そんなに長時間、頭が付いて行きませんよ。指だって腱鞘炎とか、背中が曲がるとか、ロクなことはありません。頭がカラッポで指だけ動かしているのは、まったくナンセンス。だから私は2時間集中して十分必要な練習は済ませます。そのかわり本番に匹敵するぐらいの集中力でやりますから、30分ほどでヘトヘトになりますが、小休止を途中に取りながら先を続けます。

Q:非常に合理的なメトードだから、いまのような多面的な活動が可能なのですね。日本での素晴らしい演奏を期待しています。
B:
これまでのキャリアの集大成としての「ハンマークラヴィーア」になるはずですから、期待していてください。

山崎 睦(音楽ジャーナリスト、ウィーン在住)


2010年4月18日(日) 14時開演 東京オペラシティコンサートホール
曲目:
≪オール・ベートーヴェン・プログラム≫
ピアノ・ソナタ 第10番 ト長調 Op.14-2

ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 Op.57「熱情」

ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調 Op.106 「ハンマークラヴィーア」
詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 10:34| ルドルフ・ブッフビンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。