2011年11月07日

チョ・ソンジンPR来日インタビュー(2)

cho003.jpg
今回のプログラムについてお聞かせください。
まずはショパン作曲【バラード全4曲】についてお願いします。

―ショパンのバラード全4曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていた作品でした。“バラード”は“詩”と結びついていますよね。特にこのショパンのバラードは、曲にストーリーがある特別な作品です。最初の1曲目は20代の時に「好きな女性を思って書いた曲」、最後の4曲目は30代の時に「友達や自分の師匠が亡くなった時の心情を書いた曲」その10年間で彼の心の変化、成長を感じることができます。2曲目と3曲目は「好きな詩人がいて、その詩人の先生の本から影響を受けて書いた曲」だそうです。
私はショパンのバラード全曲を通して、日々のことがらではなく、人生を聴いていただけるよう、努力したいと思っています。とても大きな絵のように、その人の人生を俯瞰的に表現するつもりです。

ショパンの作品は、どのように弾きたいと考えていますか?
―ショパンの作品は、シンプルだけれども複雑、複雑だけれどもシンプルと、ひとつの答えがない作曲家だと感じています。彼の作品はまるで歌を歌っているようですよね。ですから、まずそれを表現することが一番大事なことだと思っています。もちろん、ショパンの優雅さ、上品なところも大切です。

リストのピアノ・ソナタ ロ短調についていかがでしょう
―リストは彼自身が偉大なピアニストでしたから、初期の作品はテクニックをひけらかすような曲が多かったと思います。しかし歳を重ねるにしたがって、まるで巡礼者のように宗教的なイメージの作風に変わりました。今回のロ短調ソナタは彼が40代の時に書いた作品で、テクニック中心の曲から後期の作風へと変わるときのもの、テクニックとともに内面的なものも求められる大作です。

ロ短調ソナタはどのようなところが気に入っているのでしょうか?
―私が子供の時と今とでは、リストに対する考え方が変わりました。幼かった時は彼の華麗なテクニックにとても魅せられましたが、今は彼の内面的にしっかりとした、まるで文学作品のようなところに魅力を感じています。そういう意味でも、ピアニストの力量を全て見せられる作曲家だと思っています。

以前のインタビューで、尊敬するピアニストはクリスチャン・ツィメルマン、マレイ・ペライア、マルタ・アルゲリッチの名前を挙げていましたが、自分がピアノを弾く上で影響を受けたアーティストはいますか?
―私が演奏するにあたって直接影響を受けた方は指揮者のチョン・ミョンフンさんです。

何か印象に残る言葉やアドバイスがありましたか?
―チョン・ミョンフンさんとは8つのコンチェルトを一緒に演奏しました。本当に素晴らしいアドバイスを沢山して下さったのですが、これは自分の中でとても大切なこと・・・心の中でいつも反芻し、大事にしているものです。言葉で表すのは難しいですね。。。

今後、どんなレパートリーを増やしていきたいですか?これから演奏していきたい作品はありますか?
―1900年代の音楽に関しましてはあまり触れたことはないので、これから挑戦したいと思っています。プロコフィエフのコンチェルトは弾いたことはあるのですが、ソロ曲はまだなので挑戦したいです。
ほかにはフランスの印象主義の作品にも挑戦したいと思っています。

好きな作曲家・好きな作品を教えてください。
―シューマン、ベートーヴェン、ショパンです。

好きな作品はいかがでしょう。
―今、好きなのはシューマンの「クライスレリアーナ」!近いうちに弾いてみたい曲です。
好きというよりは今後挑戦したい曲になってしまいますが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ10曲は弾いたことがあるので残り22曲を全曲弾きたいです。コンチェルトも5曲全曲を弾きたいと思っています。そして、ショパンはソナタ以外の全ジャンルを全て弾きましたので、今後はソナタを弾いてみたいです。
cho004.jpg

将来の夢をお聞かせください。
―ホロヴィッツやルーヴィンシュタインのような、人々に喜びを与えられる、そして長い間愛されるピアニストになりたいです。また、僕にできる範囲で何らかの社会貢献ができればと思っています。

日本には度々来日していますが、どのような印象をお持ちですか?好きな場所、行ってみたい所はありますか?
―日本は2009年に浜松に行ったのが最初です。東京はその年の7月に訪れまして、とても綺麗で親切な場所だ、という印象を持ちました。好きな場所は「沖縄」です。12月に訪れたのですがとても幸せでした!
行ってみたい場所としましては「京都」です。

日本でもK-ポップは大人気ですが、好きなグループ、お気に入りの曲はありますか?
―“少女時代”が好きで、曲は「GENIE」が好きです。あと“2NE1”って知っていますか?「I AM THE BEST」がカッコいい曲だと思います。

お客様にメッセージをいただけますでしょうか。
―今回の日本ツアーにとても楽しみにしています。一日でも早くこのツアーをスタートしたいくらいです!



とてつもない才能の出現―
『チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル』
2011年11月28日(月) 19時開演 東京オペラシティコンサートホール

cho_flyer.jpg曲目:
ショパン: バラード 全4曲
★バラード全曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていました。ストーリーのある特別な作品です。作品を通じてショパン人生をお見せすることが出来たらと思っています。

リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
★9歳の時に初めて聴いて強く魅かれた作曲家、リスト。
「生誕200周年」を記念して選んだこのソナタは、リストの作品の中で最も気に入っている作品の1つです。

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 17:47| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

チョ・ソンジンPR来日インタビュー(1)Twitterからの質問に答えます。

PR来日2日目はTwitterで募集した皆さんからの質問に答えてくれました。
今日はそちらをご紹介します。
cho001.jpg

チョ・ソンジンさんが、今、読んでいる本、思わず手にする本は何ですか?
―今読んでいる本は「今日のクラシック」作曲家別の説明が書いてあり、特に20世紀以降の作曲家の説明がよく書かれています。
最近読んだ本はトルストイの「復活」です。
チャイコフスキー・コンクールに出場する直前に読んだのは中村紘子さんの「チャイコフスキー・コンクール」を読みました。あとは小さい頃に漫画で読んでいた「ギリシャ神話」を本で読みました。

落ち込んで入る時などに思わず手に取ってしまう本は?
―本の話ですと、すぐに思い浮かばないのですが。
本当に辛い時は音楽を聴きます。韓国のアイドルでテンポの早い曲とか(笑)、心を落ち着かせたい時はシューベルトを聴きます。

来月のリサイタルではショパンのバラードを全曲演奏されますが、次回のショパンコンクールへの出場は考えていらっしゃいますか?
―4年後なので、今は何とも言えないです。ショパン・コンクールは世界最高峰のコンクールだと思っていますので、挑戦はしたいと思っています。

チャイコフスキー・コンクールではベートーヴェンのソナタ31番やリスト「ダンテを読んで」など、大人っぽい選曲が印象的でした。これはご本人の選曲だったのでしょうか。曲作りで工夫された点などあればお聞きしたいです。
―コンクールの選曲は全て自分でしました。

先生へ相談などはしなかった?
―特にはなかったです。

曲作りで工夫した点はいかがでしょうか。
―チャイコフスキー・コンクールはロシアで行われるものですから、できるだけロシアの音楽を聴いてロシアを理解するという事に力を入れました。そしてロシアの情緒というものを理解しなければいけないと思いました。
ロシアの音楽を理解して表現することはとても難しい事だと思っています。
ヨーロッパなどの曲に比べるとロシアの音楽はとても複雑で難しいので、できるだけロシアの文学を読むなどロシアの事を理解しようと努力はしました。
また4年前にチャイコフスキー・コンクールの審査員長を務めたニコライ・ペトロフ先生がいろいろな事に力を貸してくださいました。本当に素晴らしい方でした。
残念だったのが、コンクールの直後に先生が亡くなってしまったことです。

具体的にはどの様なアドバイスや助言を頂いたのですか?
―ニコライ先生からは実際にレッスンを受けたりしていました。
例えば、フランスの音楽でしたら印象主義の曲が多いので、印象派の絵を見ているかの様にピアノを弾くんだ、というふうに教えてくださいました。
ロシアの音楽に対しては楽譜の通りに演奏してはダメだと言われました。ロシアの言葉がそうであるように、楽譜がこうなっていても実はこんな表現なんだと、レッスンを受けました。

難しそうですね。それを理解してらっしゃるのがすごい。
―そのレッスンを受けたのが高校1年の時でしたが、理解できました。

毎日どれくらい練習するのですか?
―練習は全くしない日もあれば、1時間の日もあるし、最高だと7時間でしょうか。
(お母さまがここで「7時間って、何度あったのかしら・・・」とつぶやていました。)

練習の順番や自分なりの方法があれば、教えてください。
―特に順番などは決めていませんし、弾く前にスケールをするなどそういった事も特に行なっていません。
まずは曲をゆっくり弾いてみたり、じっくりと弾いてみたりします。

好きな食べ物は何ですか?
―パスタです。嫌いな物はキムチ(酸っぱいから)。

ピアノを弾く時間以外は、どのように過ごしていますか?
―家族と一緒に食べ歩き。YOUTUBEで他の演奏家の映像を見る。ネットサーフィン。たまに勉強をする。英語の勉強をする。運動をする。です。たまに、音楽家の友達と会って音楽の話をしたりします。

将来はどこに活動の拠点を置くのですか?
―夢は全世界で活躍できる演奏家になることですが、若いので今は拠点というのは考えていません。


その2へ続く!



とてつもない才能の出現―
『チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル』
2011年11月28日(月) 19時開演 東京オペラシティコンサートホール

cho_flyer.jpg曲目:
ショパン: バラード 全4曲
★バラード全曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていました。ストーリーのある特別な作品です。作品を通じてショパン人生をお見せすることが出来たらと思っています。

リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
★9歳の時に初めて聴いて強く魅かれた作曲家、リスト。
「生誕200周年」を記念して選んだこのソナタは、リストの作品の中で最も気に入っている作品の1つです。

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 20:28| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョ・ソンジン インタビュー(後編)

後編「来日にむけて」
DSC_5131.jpg

 チョ・ソンジンのピアノの魅力のひとつは、ホールのすみずみまで響くしっかりとした音、歌心があり、力強く熱っぽくなっても逸脱することなく、どこまでも安心感を与える、端正な音楽にあると感じます。
取材の最中、傍らで静かに微笑みながら優しいまなざしで見守るお母様の様子を見ていると、彼は子供の頃から、強制されることなく、のびのびまっすぐにピアノにむかってきたのだろうな……と感じます。そしてまさにその印象に似た、ピュアな音楽を聴かせてくれます。
 今回の来日ツアープログラムは、ショパンのバラード全曲と、リストのロ短調ソナタ。2009年の浜松コンクール3次予選のリスト『ダンテを読んで』では、何かとても確信に満ちた構成、そして力強さの中に哀愁をはらんだ表現を聴かせたことから、同じくリストの精神世界を示すような作品であるロ短調ソナタには、特に期待ができそうです。
 伸び盛りの17歳。今後もさまざまな人生の経験とともに、その音楽はより豊かに、深みを増していくことでしょう。チョ・ソンジンについて紹介するコラムの後編では、彼の素顔にまつわるちょっとしたエピソードと、来日にむけての想いをご紹介します。

    ***

─ピアノを弾くにあたって一番大切にしているのはどんなことですか?
 ピアノを演奏することは、音楽と楽譜を解釈し、聴衆に伝えるということです。常に作曲家が一番であり、譜面に敬意を示すようにしています。そして聴いてくださる方がいなければ演奏する理由はないので、自分のために弾いているという感覚はありませんね。

─ステージに上がる前に必ずすることは何かありますか?
 手を洗います。ちょっとしたクセのようなものです。ただ普通に洗うだけですが。手に汗をかきやすいからかな(笑)。

─今後、どんな活動をしていきたいですか?
 もっともっと勉強したい。そして、80歳までピアノを弾き続けていられるピアニストでありたいです。

─ご存知のとおり、東日本大震災後の日本は大変な状況にありますが、今の日本で演奏をすることをどうお考えですか?
 震災の起きた3月11日、僕は福岡にいました。揺れを感じたのはもちろんほんの少しでしたが……。その後、浜松アカデミーに参加するため浜松に行きましたが、震災の影響でアカデミーは中止になりました。テレビから流れる被災地の映像は、とてもショッキングで悲しいものでした。
今、再び日本に戻ってコンサートができることを心から嬉しいと思います。皆さんにまた会えることをとても楽しみにしています。
DSC_5142.jpg

インタビュー・文:高坂はるか(音楽ライター)



 とてつもない才能の出現―
『チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル』
2011年11月28日(月) 19時開演 東京オペラシティコンサートホール

cho_flyer.jpg曲目:
ショパン: バラード 全4曲
★バラード全曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていました。ストーリーのある特別な作品です。作品を通じてショパン人生をお見せすることが出来たらと思っています。

リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
★9歳の時に初めて聴いて強く魅かれた作曲家、リスト。
「生誕200周年」を記念して選んだこのソナタは、リストの作品の中で最も気に入っている作品の1つです。

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 10:55| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

チョ・ソンジン インタビュー(前編)

前編「チャイコフスキーコンクールの思い出」
SeongJinCho.jpg

 完成度の高い音楽性を持つと同時に、成長の真っただ中ならではの変化と底知れぬ可能性も感じさせるピアニスト、チョ・ソンジン。
2年前の2009年、日本で一躍注目を集めた浜松コンクール優勝時は弱冠15歳でした。きらめく音と、堂々たる抜群の安定感。しかしステージの外で声をかけてみれば、ふっくらした顔にはにかんだ笑みを浮かべながらぽつぽつと話をする、かわいらしい少年……。一体そのどこにあの強い意志を持ち合わせているのか、疑問に思うほどでした。
彼がこれまでに経験した国際コンクールは、優勝した青少年のためのショパンコンクール(2008年、ロシア)、浜松コンクール、今年6月3位に入賞したチャイコフスキーコンクールの、全部で3つ。これらの全てで上位入賞を果たしていることは、彼が、さまざまなタイプのピアニストの先達(つまり審査員たち)にとって、大きな可能性と潜在能力を認めずにはいられない存在だということを示しているのではないでしょうか。
 ピアニスト、チョ・ソンジンについて紹介するコラムの前編では、まず、そんな彼のチャイコフスキーコンクールについてのコメントをご紹介します。

   ***

─チャイコフスキーコンクールでの経験は、どのようなものになりましたか?
結果もとても嬉しかったですし、多くの新しいレパートリーを勉強することができました。それと、他の参加者が皆本当にすばらしいピアニストでショックを受けました。ほとんど毎日会場で演奏を聴いていました。そこから受けた刺激は、コンクールで得た大きな成果の一つです。

─ロシアでの3週間の生活はいかがでしたか?
 今回はとても快適でしたよ! 2008年の初めての滞在では、食べ物も違うし人の雰囲気もちょっと暗いなと思って(笑)苦労しましたが。

─ロシア作品をたくさん演奏されて、いかがでしたか?
 本選で演奏したラフマニノフのピアノ協奏曲第3番はとても好きな作品です。ロシアで演奏してみたかったので、これまであまり弾いたことがなく難しい選択でしたが挑戦しました。ラフマニノフの音楽には必ず一つのクライマックスがあって、そこにどう登り詰めていくかがとても大切ですから、その点にすごく集中して演奏しています。
チャイコフスキーの作品も、スケールが大きくロマンティックでありながら悲しみを湛えていて、とても魅かれます。一番好きな作品はヴァイオリン協奏曲です。ヴァイオリン音楽が好きなんです。実は7歳から13歳までヴァイオリンを弾いていたんですよ。今はもう弾けませんが!
DSC_5132.jpg

(後編に続く)

インタビュー・文:高坂はるか(音楽ライター)


 

とてつもない才能の出現―
『チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル』
2011年11月28日(月) 19時開演 東京オペラシティコンサートホール

cho_flyer.jpg曲目:
ショパン: バラード 全4曲
★バラード全曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていました。ストーリーのある特別な作品です。作品を通じてショパン人生をお見せすることが出来たらと思っています。

リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
★9歳の時に初めて聴いて強く魅かれた作曲家、リスト。
「生誕200周年」を記念して選んだこのソナタは、リストの作品の中で最も気に入っている作品の1つです。

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 15:46| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

チョ・ソンジンというピアニスト

2011年3月、チョン・ミョンフンがチェコフィルハーモニー管弦楽団を率いて来日、ソリストはチョ・ソンジンでした。
公演パンフレットではマストロがチョ・ソンジンについて語っています。
今回はチェコフィルハーモニー日本公演パンフレットからインタビューの一部抜粋し、紹介致します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

―チョ・ソンジンという天才ピアニスト
最初私が共演したときは、15歳でした。
しかし、彼のピアノはとても成熟しています。音楽的に若いとか、そいうことを全く感じさせない、全く大人のピアニストとして普通に共演できる逸材です。私は自分でもプロとしてピアノを弾いていたので、通常どうしてもピアニストに対して厳しい目で見てしまうのですが、彼の場合、むしろ敬服してしまうくらいです。彼には本当の天分がある。プロがみても、あのピアノの指の動きには目を見張ります。
(チョン・ミョンフン)


また、チョ・ソンジンがインタビューで下記のように語っています。
・幼い頃は「はやく力をつけてリストみたいな華麗なピアノ協奏曲を弾いてみたい!」と思ってました。
・ペダルの使い方、余韻のつくりかたなど、いろいろ教えて頂きました。
 (チョン・ミョンフンに)
・お聴きになるかたが「あ、これはチョ・ソンジンの音楽だ」と感じていただけるような音楽ができれば、というのが願い。


とてつもない才能の出現―
『チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル』
2011年11月28日(月) 19時開演 東京オペラシティコンサートホール

cho_flyer.jpg曲目:
ショパン: バラード 全4曲
★バラード全曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていました。ストーリーのある特別な作品です。作品を通じてショパン人生をお見せすることが出来たらと思っています。

リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
★9歳の時に初めて聴いて強く魅かれた作曲家、リスト。
「生誕200周年」を記念して選んだこのソナタは、リストの作品の中で最も気に入っている作品の1つです。

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 12:20| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

チョ・ソンジン 韓国でベルリン放送交響楽団と共演!

現在、日本で素晴らしい公演を繰り広げている【ベルリン放送交響楽団】
来日直前に、韓国のデジョンとセジョンの2都市で、若きピアニスト チョ・ソンジンと共演いたしました。
DSCF4343.jpg
日本では、2009年浜松国際ピアノコンクールで最年少(15歳)第一位を獲得、
今年3月にはチョン・ミョンフン指揮チェコ・フィルハーモニーと、自然で音楽性豊かなピアノを奏で、多くのピアノ・ファンの注目を浴びています。

今年6月に行われたチャイコフスキー国際コンクールでは、若干17歳で第3位に入賞するなどますますアジアから世界のピアニストへ!と羽ばたくチョ・ソンジン。
今回共演したベルリン放送交響楽団のメンバーたちは、演奏が終わり舞台袖に戻るとチョ・ソンジンのもとにかけより、口々に素晴らしさを称え、ヤノフスキ氏も彼との共演を心から楽しんだようで「大きな可能性を秘めていて将来が本当に楽しみ。
次の共演はぜひヨーロッパでしたい!」と話してくれました。

終演後、チョ・ソンジンから日本公演へのメッセージをもらいました!
11月には全国各地でのリサイタル・ツアーで来日予定。
この “要チェック・ピアニスト チョ・ソンジン”にご注目ください。

<コメント>
これまで「皇帝」は3回演奏していますが、ドイツのオーケストラとの共演は初めてです。
共演していてベートーヴェンの息遣いを感じ、ベートーヴェンを尊敬している精神が伝わってきて感動しました。
来月は、日本で皆さんにお会いできます。
心から楽しみにしています。


『チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル』
2011年11月28日(月) 19時開演 東京オペラシティコンサートホール

cho_flyer.jpg曲目:
ショパン: バラード 全4曲
★バラード全曲は、以前より是非挑戦してみたいと思っていました。ストーリーのある特別な作品です。作品を通じてショパン人生をお見せすることが出来たらと思っています。

リスト: ピアノ・ソナタ ロ短調
★9歳の時に初めて聴いて強く魅かれた作曲家、リスト。
「生誕200周年」を記念して選んだこのソナタは、リストの作品の中で最も気に入っている作品の1つです。

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 18:25| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

大注目のアーティスト、チョ・ソンジンからメッセージ

3月にリサイタルを行うチョ・ソンジンよりメッセージが届きました!

コンクール優勝者として、演奏の機会を多く持てることは大変有り難いことです。3月のリサイタルでは、ベートーヴェンや西村朗さんの曲などをとりいれたプログラムを組みました。コンクールでお世話になった皆様にお返しができるように、また日本の聴衆に「もう一度聴きたい」と思っていただけるように、最善を尽くしたいと思います。コンクールの時よりもさらに素晴らしい演奏ができるように、一生懸命頑張ります。
cho.jpg
(C)浜松国際ピアノコンクール


≪公演情報の詳細≫
3月12日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
seong_jin_flyer.jpg
曲目:
シューマン:幻想小曲集 作品12
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調作品57 「熱情」
西村朗:白昼夢(日本人作品最優秀演奏賞受賞曲)
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

チケット:ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711
WEBチケット:こちらから
posted by Japan Arts at 19:13| チョ・ソンジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。