2011年12月21日

エフゲニー・キーシンからの寄付金の送り先についてのご報告

エフゲニ・キーシンは、今年10月から11月にかけて、日本デビュー25周年/40歳バースデー記念・コンサートで来日し、素晴しい演奏会を各地で行いました。
キーシンより、公演料の一部を東日本大震災の被災者の方々にすぐにでも使ってもらえる方法で寄付したいとの希望がありました。
被害の大きかった岩手・宮城・福島の3県と、「あしなが育英基金」の東日本大震災・津波遺児支援に寄付することに決定し、12月1日にそれぞれ送金いたしましたので、皆様にご報告いたします。

2011年12月20日
株式会社ジャパン・アーツ
代表取締役社長 大内 栄和
posted by Japan Arts at 10:02| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

掲載情報:公演レポート(2)エフゲニー・キーシン

横浜みなとみらいホールのホームページでバースデーコンサートの様子が掲載されました。
演奏中の写真やパーティーでの写真も掲載されています!
こちらからご覧ください。


≪キーシン・フェスティバル2011≫
10月23日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから

11月1日(火)  19:00横浜みなとみらいホール キーシン・リサイタル
横浜みなとみらいホール チケットセンター 045-682-2000

コンチェルト with アシュケナージ指揮シドニー交響楽団
11月13日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから
posted by Japan Arts at 13:59| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

キーシン、初日バースデー・コンサート大盛会

10日キーシン・フェスティバル バースデー・コンサートは満席で迎えることができ、大盛会!
アンコール前にはサプライズでチェロのクニャーゼフがハッピーバースデーを伴奏し、会場中で歌ってお祝いをしました。
その後も鳴り止まない拍手に応え、6曲のアンコール曲を弾きました。

_DSC2250.JPG
日本デビュー25周年を記念してホールでは少年時代のキーシンの写真が飾られました。

_DSC2251.JPG
1階の客席入口にはジャパンアーツのホームページ上で募集した皆さまのメッセージの一部を掲載させて頂きました!
たくさんのお祝いのメッセージをありがとうございました。

DSC_0895.JPG
全てのメッセージは上記のようなメッセージブックにさせて頂きました。

DSC_0899.JPG
メッセージはこのような感じです。

_DSC2305.JPG
終演後のバースデーパーティーで本人にプレゼント。
とても嬉しそうに見ていました。

_DSC2268.jpg
パティーは鏡割りでスタート!

_DSC2295.JPG
パティシエが一日がかりで作ったピアノのケーキでお祝い。
一生懸命にろうそくの火を消す姿が微笑ましかったです。



≪キーシン・フェスティバル2011≫
10月23日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから

コンチェルト with アシュケナージ指揮シドニー交響楽団
11月13日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから
posted by Japan Arts at 15:05| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

キーシン、兵庫公演喝采!

【エフゲニー・キーシン】の日本公演が、兵庫スタートし行われ喝采を浴びました。
emc406-005-MF c Sasha Gusov licensed to EMI Classics.jpg
10月3日記者会見を終えたキーシンは、そのまま関西に移動。
翌日からソロ、そしてチェリストのクニャーゼフとのリハーサルを重ね、本番に臨みました。
(実は、あまりにもリハーサルに熱中し、キーシンに同行していたスタッフの「晩御飯が食べられなくなるかも!!!」と心配する顔を見て、ようやく時間にハッと気がついたそうです。)

edp3743-001-MFc Benjamin Ealovega under licence to EMI classics.jpg
キーシンは天才、神童と呼ばれ、驚異的な記憶力、それにも増した創造力、表現力は天分によるものでもありますが、何よりも惜しみのない努力に裏付けされたものだということを改めて実感。というのも、キーシンのリハーサルは、ひとつひとつのフレーズを大切にし、自分が納得できるまで10回でも、20回でも繰り返すというもの。それを経て本番では、音楽に対するストイックな気持ち、それを実践する集中力、そして一つ一つの音に対する強い思いと表現力がひとつとなり、素晴らしい音楽が舞台で放たれました。

ファンを大切にし、アンコールに応えるのが大好きなキーシン。
昨日の兵庫公演でも、お約束のようにたくさんのアンコールを弾いてくれました!
シューマン/リスト編:「献呈」
ショパン:スケルツォ第2番
ショパン:小犬のワルツ
ショパン:ワルツ第7番
グリーグ:「詩人の心」


≪キーシン・フェスティバル2011≫
10月10日(月・祝) 18:00 サントリーホール
10月23日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから

コンチェルト with アシュケナージ指揮シドニー交響楽団
11月13日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから
posted by Japan Arts at 14:11| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

掲載情報:キーシン記者会見

先日行われた記者会見の模様が下記WEBで掲載されました。

YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20111004-OYT8T00988.htm

asahi.com(朝日新聞社)
http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201110040062.html

posted by Japan Arts at 11:38| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

キーシン来日記者会見(2011.10)

1986年に初来日し、「神童」ブームを巻き起こしたエフゲニー・キーシンが、今年デビュー25周年を迎えるにあたり、【キーシン・フェスティバル2011】を行います。

エフゲニー・キーシンの初来日は、25年前の1986年10月。
ロシア・ソヴィエト芸術祭の一環としてスピヴァコフ率いるモスクワ・ヴィルトゥオーゾ室内管弦楽団との共演、そして東京と横浜でリサイタルを行いました。
この時の日本での公演がキーシンの初めての西側でのコンサートであり、その来日中に15歳の誕生日を迎えました。

_DSC2213.JPG
2011年10月3日に都内ホテルでエフゲニー・キーシン、デビュー25周年記念の記者会見を行いました。
来日直後に体調を崩してしまい、残念ながら10月1日サントリーホール・ガラ公演はキャンセルをしてしまいましたが、この日は体調も戻りにこやかに会見に臨みました。

_DSC2208.JPG
「親愛なる日本の皆さん!また皆さんにお会いすることができて、とても嬉しく思っています。
早速、皆さんからのご質問にお答えしましょう!」“どうぞ!”と日本語で言い、会場を沸かせました。

協奏曲を今まで演奏しなかった理由について。
「今まで長い間、日本でオーケストラとの共演や室内楽のコンサートを行ってこなかったのは、2つの理由があります。まずは、僕が長く演奏できるということ、もう一つはコンサートの全てを自分自身で責任を持てる、ということです。しかし、今年は僕のデビュー25年のフェスティバルを開いてくださるというので、いろいろな面を聴いていただこうと思ったのです。グリーグのピアノ協奏曲は、たくさんある協奏曲の中からに“シンプルに弾きたい!”と思いました。

グリーグは僕の故郷ロシアでは人気があります。西側に住むことになり彼が正しく評価されていないことに驚きました。僕はこの作品を愛すべき素晴らしい作品だと思っています。先日、グリーグの住んでいた家を訪れる機会があり、多くのインスピレーションを得たばかりです。」

リストについて聞かれると。
「今回のプログラムは、リストの作品の中でも表現性豊かな作品を選んだつもりです。
しかし残念ながら、音楽を言葉で表現することはとても難しいです。音楽には言葉を超えた、言葉ででは伝えきれないことまで訴える力があります。
ここでロシアの小咄!ソ連時代に尊敬され、活躍した音楽評論家の話したことなのですが…。
ちょっと上手く説明できません!これはまた後で。とにかく、音楽を言葉で説明できません!
音楽の事を言葉にするプロの方たちが日本にも沢山いらっしゃるので、それはこういった方たちにお願いして。。。」

_DSC2230.JPG
自身のピアニスト人生について。
「僕は11ヶ月の時にバッハのフーガを口ずさみ…と、幼いころから才能があると思われていたのですが、僕の両親は子供らしい生活、学業を大切にするよう、心をくだいてくれました。
25年、このように音楽活動を行うことができ、第一に神に感謝したいと思います。また神童と呼ばれ、活動を始めましたが、僕を愛情深く見守り導いてくれた両親、先生に感謝しています。」

震災が発生した時から心を痛めていたキーシンは、日本ツアーの出演料の一部を復興のために寄付いたします。また、東京で行われる【キーシン・フェスティバル2011】の3公演のチケット売り上げの一部は義援金として東日本大震災の被災地に送られます。
_DSC2240.JPG

今回の記者会見はUstream配信をしており、アーカイブでその様子をご覧になれます。
※配信は一部映像と音声が途切れております。ご了承ください。
http://ustre.am/DuwZ

キーシン・フェスティバルの公演プログラムが完成しました!
ご来場頂き、会場でお買い求めください。
¥1,000で販売しております。
kissin_program.jpg
キーシンの公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 17:43| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

キーシンにお祝いのメッセージを!

日本デビュー25周年記念、40歳を迎えるキーシンにお祝いのメッセージを!

1986年、「神童」として衝撃的なデビューを飾り、今年日本デビュー25周年となるキーシンは、
10月10日40歳の誕生日を迎えます。皆さんでキーシンにお祝いの言葉を贈り、
フェスティバルを盛り上げましょう!

皆さまのメッセージは下記リンクより入力ください。
メッセージを贈る
 
posted by Japan Arts at 13:48| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

エフゲニー・キーシンよりメッセージ

kissin032.jpg私の親愛なる友人達へ

私や家族はもちろん知人も皆、あなた方の国に起きた悲惨な出来事を注意深く見つめてきましたが、あなた方全員が示した驚嘆すべき勇気と自制、お互いを尊重し合う賞賛に値するすばらしさ、そして互いを助けようとしていることに感心しています。私達は皆あなた方のために願い祈っています。最悪の時が永久に去り、どうかあなた方のすばらしい国が1日も早く復興しますように。私は日本であなた方に再会することを心から願い、楽しみにしています。体はどんなに遠く離れていようとも、私の思いと心はいつもあなた方と共にいます。

My dear friends,
I, my whole family, all the people I know have been watching closely the tragic events in your country, admiring the amazing courage and discipline you all showed, the wonderful, admirable respect for each other and willingness to help each other. We all hope and pray for you. I really hope that the worst is behind forever, that your wonderful country will recover soon, and I very much hope and look forward to seeing you all again in Japan. No matter how many miles separate us physically, my mind and heart are always with you.

2011年来日公演 “キーシン・フェスティバル2011”
【バースデー・スペシャル・コンサート】
2011年10月10日(月・祝) 18時開演 サントリーホール 

【ピアノ・リサイタル】
2011年10月23日(日) 18時開演 サントリーホール  

【コンチェルト with アシュケナージ/シドニー交響楽団】
2011年11月13日(日) 18時開演 サントリーホール

詳しい情報はこちらから
posted by Japan Arts at 16:29| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

大阪より2009年公演スタート![エフゲニー・キーシン]

「21世紀の巨匠」エフゲニー・キーシンの日本ツアーが4月8日の大阪公演からスタートいたしました。
その“熱狂の一夜”の公演レポートが届きましたのでお知らせします。
kissin2.jpg
“ジュリエット”のはじめの数音を弾いただけで、そこにキーシンが帰ってきたと感じさせられる。
その繊細、かつ温かい音はまるで一本々々糸を丁寧に重ねていく絹織り職人のようだ。
美しいジュリエットのメロディーからマキューシオを経て、一気に大胆かつ豪快なモンタギュー&キャピュレットのクライマックスへともっていく。
3年間、彼を待ち続けた聴衆は「ロミオとジュリエット」が終ったと同時に、大きな拍手でキーシンを迎えてくれた。
いつも“その時に一番自分の好きな曲”を演奏曲にするキーシンが今回選んだ曲はプロコフィエフのピアノ・ソナタ第8番「戦争ソナタ」。
kissin1.jpg17年前に演奏して以来コンサートで弾いていないこの曲を新たな気持ちで取り組みたいとツアー曲に入れた。「戦争ソナタ」の前には有名な「ロミオとジュリエット」を持ってくることでお客さまに“プロコフィエフ”の世界に入って頂き、耳慣れた上で「戦争ソナタ」を聞いて欲しいという細かな配慮がされている。
後半のショパンはどの曲も彼にとって大切な曲だが、ポロネーズ、マズルカ、練習曲のそれぞれが今までの本番にプロミングされていないものばかり。
パリを拠点とするキーシンが、ともに祖国を離れてパリに滞在した作曲家に焦点をあてて、一夜を創り上げていく。

大阪での公演はスタンディングオベーションの大盛況に終わり、本プロが終って1時間たっても聴衆は誰一人として帰ろうとしなかった。

この進化し続けるキーシンの姿を是非東京公演でも感じて欲しい。

≪公演情報≫
4/19(日)19:00 サントリーホール 残券僅少! 
4/23(木)19:00 サントリーホール
4/26(日)19:00 サントリーホール
プログラムなど詳しい情報はこちらから

posted by Japan Arts at 11:36| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

2009年5月エフゲニー・キーシン 新譜のお知らせ

kissin_0905CD.jpgキーシンとアシュケナージの最高の組み合わせによるプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番&第3番のCDがリリースされます。
2008年1月にロイヤル・フェスティバル・ホールにて、ウラディーミル・アシュケナージ指揮、フィルハーモニア管弦楽団との協演をライブ録音したものです。
どうぞご期待下さい!

エフゲニー・キーシン(ピアノ)
ウラディーミル・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番&第3番
¥3,000
2009年5月13日リリース
TOCE-90059(HQCD) 

キーシンは、1月末にはミュンヘンで、プロコフィエフとショパンの日本と同プログラムでリサイタルを行い、ヴィルトゥオジティ溢れる演奏で、ミュンヘンの人々を大いに沸かせました。
「音楽の友」5月号では、日本でのコンサート・ツアーより一足先に行なわれたこのリサイタルについて
音楽ジャーナリストの城所孝吉さんによるレポートとインタビューが掲載されています。

東京のリサイタルへの期待がますます高まります!

東京公演の詳細はこちら


↑5月13日発売!

posted by Japan Arts at 20:40| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

キーシン、公演レポート(サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー)

常に進化を続け、21世紀の巨匠への道を歩むキーシン。
11月17日のルツェルンを皮切りに、キーシンのワールド・ツアーが始まりました。
ルツェルン、ジュネーブ、ルクセンブルグ、アムステルダム、ミラノと続いたリサイタルは各地で絶賛を浴び、 12月14日にはサンクトペテルブルグで、ユーリー・テミルカーノフ指揮 サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー と共演をしました。
その時の様子をサンクトペテルブルグ在住の大塚健夫さんがレポートしてくださいました。
-------------------------

エフゲニー・キーシン、ユーリー・テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー演奏会

12月に入り、ペテルブルグのネフスキー大通はクリスマスの飾りにおおわれ、いかにも年の瀬という雰囲気になってきた。14日日曜日19時の開演前、外気温は零下二度だがフィルハーモニー大ホールは立見席も含めて満員の熱気に包まれていた。
hall.jpg
70歳の誕生日を迎えたばかりのユーリー・テミルカノーフ指揮、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニーのコンサートにエフゲニー・キーシンが出演する。この日は今年で9回目を迎えるという12月の「芸術広場」冬の音楽祭の初日にもなっている。「芸術広場」というのはフィルハーモニーや、ミハイロフスキー劇場、ロシア美術館のある市中心部の一角の地名。
Xmas.jpg
曲目はブラームスのピアノ協奏曲第一番。冒頭のティンパニーの響きからオーケストラは抑え気味の渋い響き。第一楽章第二主題のピアノ・ソロ、キーシンは全体的なレガートの中で長いフレーズをじっくりとうたい上げてゆく。まさにロシア・ピアニズムの伝統であり、彼らのお家芸ともいえる。一方でブラームス特有の中声部の旋律もしっかりと聞かせてくれるのもキーシンならではの知的な演奏。

彼のピアノは骨太のしっかりした音色で、ただ綺麗なだけの音ではないし、またこの協奏曲の演奏でよく聴かれるオーケストラを相手にした力比べみたいなものでもない。ブラームスの複雑なフレーズをきちんと最後の消えゆく一音まで納得して聞かせてくれるのがブラームス・ファンにはなんとも嬉しい。

今回キーシンはかなり早めにペテルブルグ入りして入念なリハーサルをしたようだ。テミルカーノフも単独での指揮ときのような、殆どオケに任せてときどきパフォーマンスを見せるというという指揮ぶりとはうって違って、非常に細かいところまで指示を出していた。共演するペテルブルグ・フィルハーモニーはいつも天下一品の技術とフレキシブルな対応でソリストをサポートするが、今宵の演奏もまさにそのとおりであった。

二楽章のピアニシモのピアノ・ソロは、響きの美しさに加えてポリフォニックな音楽づくりに思わず引き込まれる。過ぎ去った日々を思い出すような哀愁のある旋律で木管がこれを支えてゆく。ファゴットのソリストは今年78歳になるムラヴィンスキー・レニングラード・フィル時代からの往年の名奏者オレク・タルィピン。終楽章のロンドは早めのテンポでグイグイとひっぱり、「青春ブラームス」の第二主題ではたっぷりと歌い、ああ天才少年キーシンも青春を回顧するような円熟の年代に入ったのかと筆者は勝手に考えていた。
Brahms.jpg
キーシンといえば少年キーシンのデビュー盤ともいえるショパンのコンチェルト(D.キタエンコ指揮)、そして今や伝説となった最晩年のカラヤン=BPOとのチャイコフスキーのシルベスター・コンサートでの共演をまず思い浮かべてしまい、彼がどんなブラームスを聴かせてくれるのかというのはとても楽しみであった。
豊かなロシア伝統のピアニズムをもって、きちんとコントロールの効いたスケールの大きなブラームスをうたいあげたキーシンの知的なロマンティシズムに、ふだん比較的おとなしいペテルブルグの聴衆も熱狂的なブラボーで応じた。
カーテン・コールは何度にもおよび、鳴りやまぬ拍手にこたえてショパンのノクターン嬰ニ長調作品27の2が演奏された。
(サンクト・ペテルブルグ 大塚健夫)

-------------------------

キーシンのワールド・ツアーは、1月にはパリ、トゥールーズ、ミュンヘンで、その後アメリカ、台湾、香港、ソウルへと続き、4月上旬からは いよいよ日本でのツアーが始まります。
ご期待下さい!
日本公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 17:16| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。