2012年06月20日

ユンディ・リ掲載情報[月刊ピアノ]

2012年7月号『月刊 ピアノ』
ユンディ・リのインタビューと今年10月に行われる公演情報が掲載されました。
piano201207.jpg
posted by Japan Arts at 14:34| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ユンディ・リ、中国公演鑑賞ツアー

近畿日本ツーリストがユンディ・リの中国でのコンサート鑑賞ツァーを開催!
奮ってご参加ください。
「ユンディ・リ 中国・蘇州公演鑑賞ツアー」
http://entame.knt.co.jp/yundili/
posted by Japan Arts at 17:11| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

ユンディ・リ、めざましテレビに出演

2010年5月6日(木) 5:25〜8:00

フジテレビ系「めざましテレビ」
http://www.fujitv.co.jp/meza/index.html
ショパンについて軽部さんがインタビュー。
ユンディの考えるショパンとは?どの曲が一番ショパンを表しているのか?
ユンディがピアノを弾きながら語ります!お見逃し無く!

posted by Japan Arts at 20:01| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ユンディ・リ、オンエア情報

2010年4月16日(金)22:00〜
NHK−BS1「きょうの世界」

放送日未定:日本テレビ「NEWS ZERO」 
決定次第お知らせいたします。
posted by Japan Arts at 12:27| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

掲載情報

2010年4月号『音楽の友』
ユンディ・リが表紙になりました。
また、ルドルフ・ブッフビンダー、河村尚子のインタビューも掲載されました。
2010ontomo04.jpg
posted by Japan Arts at 19:18| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

香港公演[ユンディ・リ]

ショパン生誕200年記念演奏会として、ユンディ・リが2月5日・6日香港フィルとの共演でショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏、また8日にはショパン・プログラムでリサイタルを行いました。
hongkong_yundi.jpg 
チケットは完売、ユンディの素晴らしい演奏に聴衆は熱狂していたそうです。
日本でのリサイタルが益々楽しみです。

≪日本公演情報≫
2010年4月14日(水) 19時開演 サントリーホール
2010年4月20日(火) 19時開演 サントリーホール 
曲目:
ポロネーズ 第3番「軍隊」
夜想曲 第1番 、第2番 、第5番 嬰ヘ長調、第8番 、第13番 ハ短調
スケルツォ 第2番
3つのマズルカ 作品.59
ピアノ・ソナタ 第2番
ポロネーズ 第6番「英雄」
詳しい公演情報はこちら
posted by Japan Arts at 17:32| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

曲目決定!(2010年リサイタル)[ユンディ・リ]

お待たせしました!2010年リサイタルの曲目が決定しましたのでお知らせ致します。

<オール・ショパン・プログラム>
ポロネーズ第3番 イ長調 「軍隊」Op.40-1
夜想曲 第1番 変ロ長調 Op.9-1
      第2番 変ホ長調 Op.9-2
      第5番  嬰ヘ長調 Op.15-2
      第8番  変ニ長調 Op.27-2
      第13番 ハ短調   Op.48-1
スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
---------------------------------------
3つのマズルカ Op.59
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35
ポロネーズ第6番 変イ長調 「英雄」 Op.53

●ユンディ・リ ピアノ・リサイタル 公演情報
2010年4月14日(水) 19時開演 サントリーホール

2010年4月20日(火) 19時開演 サントリーホール 

2010年4月25日(日) 17時開演 横浜みなとみらいホール
Yundi_flyer.jpg
詳しい公演情報はこちら

posted by Japan Arts at 10:24| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

掲載情報[ユンディ・リ]

産経新聞でユンディ・リがショパンの魅力などについて語りました。
矛盾に満ちた感情を表現 ピアニストのユンディ・リ、全国公演へ
posted by Japan Arts at 16:28| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

ユンディ・リ:オンエア情報

*2008年5月31日(土) 午後7:00〜8:30

《BSハイビジョン》
ハイビジョン特集  征爾とユンディ  〜The Young Romantic〜 

若き中国人ピアニスト・ユンディ・リー(李雲迪)と指揮者・小澤征爾、老青ふたりの音楽家「師弟」を描く。国際共同制作、監督は芸術家を撮らせたら随一と評されるカナダ人バーバラ・スイート。ベルリン、タングルウッド、中国と演奏旅行に密着。

posted by Japan Arts at 19:42| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ファンクラブの集い

1月12日(土)都内ホテルでユンディ・リのファンクラブの集いが行われました。
200名を超える参加者で会場は熱気に包まれました。
1.jpg

3.jpg ユニバーサル・ミュージックの篠原良氏との対談形式による近況報告に始まり、ファンの皆さんとの質疑応答やゲームも行われました。
ゲームの勝者には、中国でお正月に頂くプリンやユンディのお気に入りのチョコレート、そしてユンディのサイン入りショパンのマズルカの楽譜などがプレゼントされました。

またピアノ演奏では「展覧会の絵」を全曲披露するなど大サービスで、ファンの皆様には思いがけない大きなお年玉がユンディから贈られました。
4.jpg
※写真はクリックすると拡大します。
(c)竹原伸治/音楽之友社

ファンクラブの公式HPは  http://www.yundili-japan.com/

ユンディ・リのこれからの日本公演は
1/16(水) 19:00 横浜みなとみらいホール  神奈川芸術協会 045-453-5080
1/18(金) 19:00  サントリーホール ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711 
1/20(日) 17:00 三重県総合文化センター 三重県文化会館チケットカウンター 059-233-1122
1/22(火) 19:00 ザ・シンフォニーホール ABCチケットセンター 06-6453-6000
posted by Japan Arts at 17:02| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

ユンディ:曲目変更のお知らせ

【曲目変更のお知らせ】

当初予定しておりましたプログラムから、演奏者本人の希望により、前半の曲目を下記の通り変更させて頂きます。
後半のムソルグスキーの「展覧会の絵」は予定通り演奏いたします。
どうぞご了承下さいますようお願いいたします。


【変更前のプログラム】
ショパン:4つのマズルカ op.33
リスト:バラード 第2番 ロ短調
ベルク:ピアノ・ソナタ op.1
ラヴェル:水の戯れ
ヒナステラ:アルゼンチン舞曲 op.2 
休憩
ムソルグスキー「展覧会の絵」


【変更後のプログラム】
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番 ハ長調 K330
Mozart: Piano Sonata NO.10 C major, K.330

ショパン:4つのマズルカ op.33   
Chopin: 4 Mazurukas op.33

ショパン:夜想曲第2番 op.9-2  
Chopin:Nocturne No.2, op.9-2

シューマン/リスト 「献呈」S.566
Schumann/Liszt:"Widmung"

ショパン:アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22
Chopin:Andantea spianato and Grande Polonaise op.22

休憩

ムソルグスキー:「展覧会の絵」
Musorgsky: Pictures at an Exhibition


⇒ユンディ・リの詳しいリサイタルの情報はこちらから!

posted by Japan Arts at 14:33| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

ユンディ:掲載情報

『ぶらあぼ』2008年1月号の表紙になりました。
bravo0801cover.jpg

2008年1月号JCBゴールド会員会報誌
『勝負の食卓』に登場
GOLD.jpg
posted by Japan Arts at 13:05| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

ユンディ・リ<李雲迪>

ユンディ・リ<李雲迪> Yundi Li (ピアノ/Piano)


 2000年のショパン・コンクールの最年少優勝者にして15年ぶりの第1位受賞者。今や世界の舞台で活躍し、批評家たちはその正確で結晶化したテクニック、鍵盤上の流れるような動き、無限の情熱を賞賛している。 彼の音楽的経歴は、4歳の時のアコーディオンから始まり、わずか1年後に重慶子供アコーディオン・コンクールで優勝。7歳で著名なピアニスト、ダン・ヂャオイの指導のもとピアノを始め、18歳でヨーロッパの音楽界に颯爽と登場。ショパン・コンクール優勝の翌年にはドイツ・グラモフォンと独占契約を結び、北米とヨーロッパのリサイタル・ツアーを行う。 2003年にはフィラデルフィア管と共演しアメリカデビューを果たし、その後、モスクワ・フィルやブダペスト祝祭管との共演でドイツ・ツアーを、またプラハ、パリ、ヴェルビエ、マジョルカでリサイタルを行い、カーネギー・ホールとザルツブルク音楽祭にもショパンとリストを弾いてデビューした。 昨年彼は世界ツアーを行い、最も権威あるホールの数々でロンドン響、イスラエル・フィル、ウィーン響、チューリヒ室内管など世界トップの音楽家と共演した。さらにアメリカ、カナダ、ドイツ、ロンドン、パリ、フィンランド、デンマーク、ルクセンブルクでリサイタルを行い聴衆を魅了。最後は母国の中国で大規模なツアーを締めくくった。
  2007年2月にはA.デイヴィス指揮/フィルハーモニア管との共演によるリストおよびショパンの協奏曲第1番をリリース。同録音は最高の評価を得た。
  5月には、小澤征爾指揮/ベルリン・フィルとプロコフィエフの協奏曲第2番およびラヴェルの協奏曲ト長調を収録。この秋リリースされる予定である。

posted by Japan Arts at 11:33| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。