2011年09月15日

ダニール・トリフォノフ メモリアル・ブック

2011年9月9日のリサイタルで聴衆の心を掴んだダニール・トリフォノフのメモリアル・ブックが登場。
679.jpg
会場でお買い求めできなかった方にオンラインでの販売もございます。
http://www.hmv.co.jp/news/article/1108080044/

2011年09月05日

Ustream配信:チャイコフスキー・ガラ記者会見

9月6日16:30よりチャイコン・ガラ出演者による記者会見が行われます。
今回もUstream配信を行いますので、ぜひご覧ください。

http://ustre.am/CM6z

flyer_Tchaikovsky.jpg

2011年08月23日

掲載情報:ショパン9月号

2011年9月号『CHOPIN』
特集:チャイコフスキー国際コンクール
CHOPIN201109.jpg

2011年08月17日

インタビュー:ダニール・トリフォノフ

チャイコフスキー・コンクールで見事グランプリを獲得したダニール・トリフォノフのインタビュー。
DSC_5185+.jpg

─チャイコフスキーコンクールグランプリ、おめでとうございます。
 ありがとうございます。今回のコンクールは、ファイナリストはもちろん、2次までしか進めなかった方たちの中にもすばらしいピアニストがたくさんいましたから、そんな中でこの賞をいただけたのはとても光栄です。

─5月のルービンシュタインコンクール優勝からたった3週間後の挑戦でしたね。
 
ルービンシュタインの後は連日コンサートで、コンサート先からそのままモスクワ入りしたので少々辛かったです。
でも、チャイコフスキーコンクールは、ロシアの音楽家にとっては象徴的な存在であり、夢の舞台です。僕は、コンクールは20代前半までの若いうちに受けておいたほうがいいと思っていたので、最後に挑戦するものとしてぴったりだと思い、(昨年10月の)ショパンコンクールの後、思い立って応募することに決めました。

─地元モスクワでのコンクールというのは気分が違うものですか?
 9歳から8年間学んだ街で演奏できたのは喜びでした。この場所には、たくさんの友人たちが暮らしていますし……休暇でいない人も多かったけど(笑)。ロシアの聴衆はとても批判的で、とくに地元の演奏家には高いものを要求しますから、彼らから受け入れてもらえたことは喜びです。

─本選で全員が演奏しなくてはならないチャイコフスキーのピアノ協奏曲において、オーケストラ、指揮者とのコンタクトはいかがでしたか?
 
その質問は、オーケストラの問題ではなく、ピアニストの能力がどうかと尋ねられているのと同じことです。ソリストがオーケストラに刺激を与え、良い演奏をしてもらえるようにできなくてはいけません。
 この作品をオーケストラと演奏するのは、本選で2回目でした。演奏中は、自分の直観が示すものに従って、新しい音楽を創っていきます。練習したことの陳列であってはいけません。それまでにどれだけ演奏していようが、ステージでは新しい経験が始まるのです。
 チャイコフスキーは一般的に、少々ロマンティックで軽い音楽と捉えられることもありますが、僕は、彼の作品、とくに晩年の小品から、優れた魂の流れや葛藤を感じます。

DSC_5116.jpg
─モスクワとサンクトペテルブルクで行われたガラコンサートでは、ゲルギエフ氏の指揮でチャイコフスキーを演奏されましたね。
 とても光栄でした。ゲルギエフ氏はあっという間に僕をとらえて、エネルギーを感じとりながら、柔軟に、共に進んでくれているようでした。オーケストラへの的確な指示を見ているだけでも、とても刺激を受けました。本当に信じられないくらい心地よかった。まるで、一つのドラマが創り上げられるようでした。

─優勝して、これからますます忙しくなりそうですね。
 休んだり、勉強したりといった時間も大切なので、演奏会は慎重に選んでいこうと思います。日本には、この秋を含めてすでに来年もたくさん行く予定があるので、とても楽しみにしています!

インタビュー:高坂はるか(音楽ライター)
取材協力:フィンエアー


◆公演情報◆
2011年9月8日(木)19時開演 サントリーホール

オール・チャイコフスキー・プログラム

≪曲目≫
歌劇「エフゲニー・オネーギン」〜手紙の場面
 エレーナ・グーセワ【声楽部門・女声 第3位・聴衆賞】

ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
 セルゲイ・ドガージン【ヴァイオリン部門第2位(1位なし)・聴衆賞】

ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33
 ナレク・アフナジャリャン【チェロ部門第1位・聴衆賞】

ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
 ダニール・トリフォノフ【グランプリ・ピアノ部門第1位・聴衆賞】


指揮:高関健 管弦楽:東京交響楽団

詳しい情報はこちらから

【急遽決定!】
ダニール・トリフォノフ ピアノ・リサイタル
2011年9月9日(金)19時開演 紀尾井ホール
ショパン: 舟歌 嬰へ長調 作品60
ショパン: 練習曲集 作品25
シューベルト / リスト:春のおもい / 水の上で歌う / ます / 魔王
シューマン / リスト: 献呈
パガニーニ / リスト:ラ・カンパネッラ
リスト: メフィスト・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」

詳しい情報はこちらから

2011年07月14日

ダニール・トリフォノフから動画メッセージ[チャイコフスキー・コンクール・ガラ]

チャイコフスキーコンクール ピアノ部門第1位およびグランプリを受賞したトリフォノフの喜びの声、そして日本のファンへのメッセージが届きました。


出演者決定致!!

出演者:
ダニール・トリフォノフ【グランプリ、ピアノ部門第1位、聴衆賞】
セルゲイ・ドガージン 【ヴァイオリン部門第2位(1位なし)、聴衆賞】
ナレク・アフナジャリャン【チェロ部門第1位、聴衆賞】
エレーナ・グーセワ【声楽部門・女声第3位、聴衆賞】

※声楽部門(男声・女声の優勝者はスケジュールの都合により出演致しません)
曲目は決定次第発表致します。

2011年9月8日(木)19時開演 サントリーホール
曲目:チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲 他
決定次第発表致します。

公演情報、プロフィールなど詳細はこちらから

チャイコフスキー国際コンクール優勝者ガラ・コンサート、出演者決定!

サントリーホールにて9月8日(木)に開催予定のチャイコフスキー国際コンクール優勝者ガラ・コンサートの出演者が決定致しました。

出演者:
ダニール・トリフォノフ【グランプリ、ピアノ部門第1位、聴衆賞】
セルゲイ・ドガージン 【ヴァイオリン部門第2位(1位なし)、聴衆賞】
ナレク・アフナジャリャン【チェロ部門第1位、聴衆賞】
エレーナ・グーセワ【声楽部門・女声第3位、聴衆賞】

※声楽部門(男声・女声の優勝者はスケジュールの都合により出演致しません)
曲目は決定次第発表致します。

2011年9月8日(木)19時開演 サントリーホール
曲目:チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲 他
決定次第発表致します。

公演情報、プロフィールなど詳細はこちらから

2011年06月30日

掲載情報:“ダニール父の背中”

現地でコンクールのレポートを行なっている音楽ジャーナリストと高坂はる香がブログにダニール・トリフォノフとアレクサンダー・ロマノフスキーについて書いてくださいました。
http://ameblo.jp/classic-indobu/entry-10938747702.html

2011年06月22日

チャイコフスキー・コンクール ピアノ部門第2次予選第1ステージ結果発表

6月21日ピアノ部門第2次予選第1ステージが終了し、12名のコンテスタントから以下の8名が第2ステージに進みました。

アレクセイ・チェルノフ(ロシア) Alexei Chernov (Russia)
チョ・ソンジン(韓国) Seong Jin Cho (South Korea)
サラ・ダネシュパー(アメリカ) Sara Daneshpour (USA)
フィリップ・コパチェフスキー(ロシア) Filipp Kopachevskiy (Russia)
アレクサンダー・ルビャンツェフ(ロシア) Alexander Lubyantsev (Russia)
アレクサンダー・ロマノフスキー(ウクライナ) Alexander Romanovsky (Ukraine)
ソン・ヨルム(韓国) Yeol Eum Son (South Korea)
ダニール・トリフォノフ(ロシア) Daniil Trifonov (Russia)

今年のチャイコフスキー・コンクールは、様々な改善により、より魅力的でよりフェアな環境下で行われています。そして、多くの優秀な若手奏者が結集し、高いレベルでの攻防戦となっています。ただ、課題曲の内容はかなり厳しいものとなっており、結果は最後までもつれることが予想されます。

注目の3人のコンテスタントたち。おなじみの顔ぶれをはじめ実力者が確実に次ステージに進みました。

チョ・ソンジン(韓国)
cho_photo.jpg
驚くべき17歳。ダイナミックなスケールで、聴衆の心を鷲づかみにした「展覧会の絵」。

アレクサンダー・ロマノフスキー(ウクライナ)
Romanovsky.jpg
演奏やしぐさにどこかホロヴィッツを彷彿とさせるのは、まさに彼がその系譜をたどるからなのか。課題曲のシチェドリンの作品はピカイチ。

ダニール・トリフォノフ(ロシア)
Trifonov.jpg
ショパン第3位受賞後、今年5月にはイスラエルのルービンシュテイン国際コンクールで優勝。演奏したショパンのエチュード(作品25)はなんとリリックで美しいことか。

◆今後の予定(ピアノ部門)/モスクワ音楽院 大ホール◆
6月23日&24日 第2次予選第2ステージ
6月27日〜30日 本選

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。