2008年02月09日

ビス:コンサート・レポート

2月8日サントリーホールで行われた東京交響楽団の公演でベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏したジョナサン・ビス。
休憩中、彼の美しい音色、フレッシュな演奏への賛辞を多く耳にしました。

お客様の声
素晴らしいアーティストですね。
聴いていてシュナーベルの録音を思い出しました。
(ちなみに、ジョナサン・ビスの my great pianistsは、ルービンシュタイン、リパッティ、シュナーベルだそうです。この感想を伝えたら、本当に嬉しそうな顔をしていました。)
きれいな音ですよねぇ。
音楽が途切れることなく、自然に流れていく。
かといって淡白なわけではなく、過度何かがあるわけでなく、「そこにあるのは音楽」という感じ。
美しいです。

昨年、武蔵野公演で初めて聴いてファンになりました。
今日の協奏曲もそうですが、来週のリサイタルも必ず行きます。
こんなに夢中になれるピアニストに出会えて幸せです。



posted by Japan Arts at 09:10| ジョナサン・ビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。