2008年02月06日

ビスへの期待〜CD<ベートーヴェンソナタ集>を聴いて

 音の構造にこだわる人である。《悲愴》の序奏は往年の巨匠を思わせるほどに間が深いが、主部へのギア・チェンジは鮮やかで、焦燥感のあるアゴーギクとともに疾走していく。テンポの変化もダイナミック・レンジも幅が広いため表現の彫りは深く、ペダルの使用は少なめで音像は明晰。つまりは曖昧さを残さず細部まで明確に音楽を描こうという意思が感じられ、またそれを実現できるピアニストなのだ。今後の成長と熟成が楽しみな才能である。
<音楽ライター 友部衆樹>



posted by Japan Arts at 11:29| ジョナサン・ビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。