2007年12月14日

ユンディ・リ<李雲迪>

ユンディ・リ<李雲迪> Yundi Li (ピアノ/Piano)


 2000年のショパン・コンクールの最年少優勝者にして15年ぶりの第1位受賞者。今や世界の舞台で活躍し、批評家たちはその正確で結晶化したテクニック、鍵盤上の流れるような動き、無限の情熱を賞賛している。 彼の音楽的経歴は、4歳の時のアコーディオンから始まり、わずか1年後に重慶子供アコーディオン・コンクールで優勝。7歳で著名なピアニスト、ダン・ヂャオイの指導のもとピアノを始め、18歳でヨーロッパの音楽界に颯爽と登場。ショパン・コンクール優勝の翌年にはドイツ・グラモフォンと独占契約を結び、北米とヨーロッパのリサイタル・ツアーを行う。 2003年にはフィラデルフィア管と共演しアメリカデビューを果たし、その後、モスクワ・フィルやブダペスト祝祭管との共演でドイツ・ツアーを、またプラハ、パリ、ヴェルビエ、マジョルカでリサイタルを行い、カーネギー・ホールとザルツブルク音楽祭にもショパンとリストを弾いてデビューした。 昨年彼は世界ツアーを行い、最も権威あるホールの数々でロンドン響、イスラエル・フィル、ウィーン響、チューリヒ室内管など世界トップの音楽家と共演した。さらにアメリカ、カナダ、ドイツ、ロンドン、パリ、フィンランド、デンマーク、ルクセンブルクでリサイタルを行い聴衆を魅了。最後は母国の中国で大規模なツアーを締めくくった。
  2007年2月にはA.デイヴィス指揮/フィルハーモニア管との共演によるリストおよびショパンの協奏曲第1番をリリース。同録音は最高の評価を得た。
  5月には、小澤征爾指揮/ベルリン・フィルとプロコフィエフの協奏曲第2番およびラヴェルの協奏曲ト長調を収録。この秋リリースされる予定である。

posted by Japan Arts at 11:33| ユンディ・リ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。