2012年05月21日

ルドルフ・ブッフビンダー2012年6月来日記念盤を発売!ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ名曲集

ベートーヴェンの大家による充実の名演奏。
日本の音楽ファンのための特別な選曲盤。
〜ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ名曲集
Buchbinder_CD2012.jpg
2012年5月23日発売!
税込み価格:¥2,520

ソニー ミュージックの公式ページ

 ウィーンの巨匠、ルドルフ・ブッフビンダーによるRCA Red Sealへのデビュー・アルバムです。1946年生まれで、ウィーン国立音楽大学で学んだ神童は、21世紀の今日、ハイドンからブラームスに至るドイツ・オーストリア音楽の本流において、並ぶもののない名ピアニストとして高い評価を得ています。特に「ピアニストといえばルディ」と言われるほど、クラシック音楽の本場ウィーンで最も愛されている名ピアニスト。中でも特にベートーヴェン作品の演奏解釈では世界的な大家で、1980年代にはピアノ・ソナタ全曲を含むピアノ作品全集を録音しています。
 このアルバムは、それから四半世紀を経て、ドレスデンのゼンパーオーパーでのライヴ・レコーディングをもとに2011年に完成させた2度目の全集から、ブッフビンダー自身が日本のファンのために選曲したもので、有名なタイトル付き4大ソナタを収録。楽譜を緻密に読み込んだ上で、作曲者の指示を着実に音化し、ロマン派的な演奏伝統を洗い流した清新な演奏は、聴衆を前にした緊迫感と円熟味が加わって、長く聴き続けられるべきスタンダードとしての充実度を備えています。

■解説:ルドルフ・ブッフビンダー「ベートーヴェンのピアノ・ソナタ〜独自の音楽世界」
ヨアヒム・カイザー「わが友『ルディ』・ブッフビンダーのピアニストとしての驚くべき特質」

■収録曲目
ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2「月光」
ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」
ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調作品81a「告別」
ピアノ・ソナタ第23番へ短調作品57「熱情」

[録音]
2010年11月28日(第14番)
2011年1月2日(第26番)
2011年2月20日(第23番)
2011年3月6日(第8番)
ドレスデン、ゼンパーオーパーでのライヴ・レコーディング


『ルドルフ・ブッフビンダー・プロジェクト in トリフォニーホール2012』

【第一夜】リサイタル
2012年6月16日(土) 19:00開演(18:30開場)

【第2夜】協奏曲《ブラームス:ピアノ協奏曲全曲演奏会》
2012年6月19日(火) 19:00開演(18:30開場)

詳しい情報はこちらから
posted by Japan Arts at 15:36| ルドルフ・ブッフビンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。