2012年01月30日

リフシッツのバッハについて(コンスタンチン・リフシッツ ピアノ・リサイタル曲目解説)

 コンスタンチン・リフシッツはロシア生まれ。幼少から天才ピアニストとして、モスクワでは常にもう一人の年上の天才、キーシンと並んで天才振りが話題となりました。20代からは、演奏活動の他にイタリアのコモ湖畔での講習会や英国にも行き来して巨匠達から更なる教えを受けていました。ベルリンを経て現在はスイスに居を構えています。
 リフシッツのバッハと言えば、先ず思い起こされるのは10代後半でゴールドベルク変奏曲のCDがリリースされて、アメリカでグラミー賞にノミネートされたことです。グレン・グールドの最初の録音であるゴールドベルク変奏曲よりも若くしてリリースされ、ニューヨーク・タイムズから「グールド以来、ピアニスティックに最も力強い演奏」と絶賛されたのです。
 その後ピアニストとしての評価はバッハ以外の作品でも着実に高まり、アルゲリッチがクレーメル、マイスキーと組んで行う予定のピアノ・トリオのヨーロッパ・ツアーがアルゲリッチの急病でキャンセルになりかけた時に、クレーメル、マイスキーから指名されて
立派に代役を果たしてさらに名を挙げたこともありました。また、故ロストロポーヴィチと東京で初共演して、彼をして「君は本当に天才だ」と言わしめ、その後多くの共演を重ねました。また、ベルリン・フィルのコンサートマスターの樫本大進が、兼ねてからリフシッツを大変尊敬していて、数年前から共演していることは良く知られています。
 最近は、オルフェオ・レーベルから立て続けにバッハの素晴らしい録音がリリースされています。「音楽のささげもの」、今度演奏する「フーガの技法」、そして最新のものがピアノ(チェンバロ)協奏曲集です。どれもが珠玉の光を放つような魅力に溢れています。

- - - - - - - - - -

J.S.バッハ(1685-1750):フーガの技法(全曲)について
柿沼 唯(作曲家)

 「バッハは、バッハ(ドイツ語で “小川 ”の意)ではなくてメーア(“大海”の意)という名であるべきだった」と言ったのはベートーヴェンであるが、この言葉は、ヨハン・セバスティアン・バッハの音楽の果てしない広大さと深さ、そして西洋音楽史におけるその位置づけを言い当てていて面白い。バッハ以前の様々な音楽を幾多の河にたとえるならば、それらが一つに合流する大海こそまさしく、バッハの音楽といえるからである。
 生涯を教会音楽の作曲に捧げたバッハだが、その創作はさらに、多くの器楽作品へと及ぶ。興味深いのはそれらがある特定の時期に集中的に作曲されていることで、その理由の一つはバッハの身近にあった楽器のためといわれている。ケーテン宮廷楽長時代に、バッハは自らの設計で注文した新しい高価なクラヴィーアを手にしたが、<平均律クラヴィーア曲集>をはじめとするバッハのクラヴィーア曲のほとんどはこの時期に生み出されている。そしてワイマール時代にオルガン曲が多いのも、当時自分の設計で改造したオルガンに熱中したためといわれている。楽器の性能を最大限に発揮させながら、同時代の音楽の様々なスタイルを融合させた多彩な作品を次々と生み出したバッハ。その音楽は現代においてもなお、新たな可能性を求めてやまない。
 そんなバッハ晩年の未完の大作<フーガの技法>は、同じく晩年の作品である<音楽の捧げもの>とともに、対位法芸術の粋を集めた音楽史上記念碑的作品として知られている。視力の衰えと闘いながら、最晩年のバッハは、生涯にわたってその技法に磨きをかけたフーガ書法のあらゆる可能性を追求すべく、この<フーガの技法>を起稿したのだった。残された19曲のうち、最後の長大なフーガは第239小節で中断され、その自筆譜には息子カール・フィリップ・エマニュエルの筆跡で、「対位主題にBACHという名が持ち込まれたところで、作曲者は死去した」と記されている。各曲はすべて、一つの主題とその変形に基づいて2〜4声で書かれたフーガおよびカノンだが、そこに楽器の指定はない(ただし最初の12曲に関しては、チェンバロ独奏を想定して作曲されたことが判明している。残りの曲については不明)。そのためあらゆる楽器編成での演奏が可能という特殊な作品となっており、その成立をめぐる研究も今もって定説を得ない、多くの謎をはらんだ作品でもある。
 この<フーガの技法>には、前述のようにバッハが究めた対位法の様々な作曲技法が盛り込まれ、数学的ともいえる巧緻な造形を生みだしている。それはあたかも、一つの数式が変形・展開され、その解が導かれてゆく過程を見るかのようだ。「主題」を様々に変形し、対位法の原則をあくまで守りながら、それらを組み合わせてゆく。その変形の仕方には、例えば次のような手法がある。

 [主題の変形]

 転回…音型を上下反転させる。こうして作られた主題を「転回主題」と呼ぶ。もし主題が上行音形であれば、「転回主題」は下降音形となる。

 拡大・縮小…音符の長さ(時価)を2培にする(拡大形)、または1/2にする(縮小形)。主題の原形と拡大形(あるいは原形と縮小形)が組み合わされることを「2種類の時価による」という。
 その他の変形…主題の一部の音価を変えたり(例えば「8分音符+8分音符」を「付点8分音符+16分音符」に変える)、音を加えたりする。こうして作られたものを「変形主題」と呼ぶ。
 こうのようにして様々に変形された主題を用いて「フーガ」と「カノン」が形作られてゆくのであるが、その種類も様々である。

 [フーガおよびカノンの種類]
 単純フーガ…1つの主題を原則的に形を変えずに用いたフーガ。その構成は、主題が複数の声部に順々に現れる「提示部」と、「提示部」から「提示部」への橋渡しをする「嬉遊部」とが交互に置かれる形で進み、終結近くでは「追迫」と呼ばれる主題提示の手法(前の声部が主題を終えないうちに次の声部に主題が導入される)が用いられる。

 反行フーガ…単純フーガとの違いは原形主題と転回主題をほぼ対等に用いることで、
最初の声部が原形主題を提示し、次の声部が転回主題を提示するといった形で進む。

 多重フーガ…
複数の主題を用いたフーガ。その主題の数に応じて「二重フーガ」、「三重フーガ」、「四重フーガ」と呼ばれる。バッハが好んだ構成は、最初の提示部では第1主題のみが提示され、続く提示部で第2主題を第1主題に組み合わせて提示する、といった形で進む。

 鏡像フーガ…転回対位法によって作られ、3声部または4声部で書かれたそのフーガの楽譜を鏡に映して上下反転させても対位法として成立する曲。もとの形を「正立形」、鏡に映したものを「倒立形」と呼ぶ。正立形がバスの主題提示で始まるなら、倒立形はソプラノによる転回主題の提示で始まることとなる。

 8度のカノン、10度のカノン、12度のカノン…「カノン」とは、二つの声部に同じ旋律をタイミングをずらして置いても不都合ないように作る対位法で、「輪唱」もカノンの一種。先行する声部に対して後続の声部がどんな音程で導入されるかによって「 8度のカノン」、「10度のカノン」、「12度のカノン」といった様々なカノンが考えられる。

 反行と拡大によるカノン…先行する声部の旋律の「反行拡大形」を後続の声部に置いたようなカノン。
 <フーガの技法>に収められた14曲のフーガには、ここに挙げた様々なフーガ書法が複合されて用いられており、時にそれは、きわめて難度の高い対位法的挑戦となっている。これらのフーガをバッハが敢えて「コントラプンクトゥス(対位法)」と名付けているのは興味深い。全曲の最後に演奏されるコラール前奏曲「われら悩みの極みにありて(汝の玉座の前に今や歩み寄り)」BWV668aは、バッハが死の床で口述筆記させたと伝えられる曲で、1751年にこの作品が出版された際に巻末に掲載されたものである。

コントラプンクトゥス1 原形主題による単純フーガ(4声)
コントラプンクトゥス2 変形主題による単純フーガ(4声)
コントラプンクトゥス3 転回主題による単純フーガ(4声)
コントラプンクトゥス4 転回主題による単純フーガ(4声)
コントラプンクトゥス5 変形主題とその転回に基づく1種類の時価による反行フーガ(4声)
コントラプンクトゥス6 変形主題とその転回に基づく2種類の時価による反行フーガ(4声)
コントラプンクトゥス7 変形主題とその転回に基づく3種類の時価による反行フーガ(4声)
コントラプンクトゥス8 2つの新主題と変形主題による三重フーガ(3声)
コントラプンクトゥス9 新主題と主要主題による二重フーガ(4声)
コントラプンクトゥス10 新主題と変形主要主題による二重フーガ(4声)
コントラプンクトゥス11 2つ(3つ)の新主題と変形主要主題による三重(四重)フーガ(4声)

コントラプンクトゥス12a 主題の変形による鏡像フーガ(4声)正立形
コントラプンクトゥス12b 主題の変形による鏡像フーガ(4声)倒立形
コントラプンクトゥス13a 変形主題とその転回による鏡像フーガ(3声)正立形
コントラプンクトゥス13b 変形主題とその転回による鏡像フーガ(3声)倒立形
反行と拡大によるカノン(2声)1742年版自筆譜による異稿
反行と拡大によるカノン(2声)
8度のカノン(2声)
3度の転回対位法による10度のカノン(2声)
5度の転回対位法による12度のカノン(2声)
3つの新主題(第3主題はB-A-C-H)による未完フーガ(4声)
コラール「われら悩みの極みにありて」BWV668a


≪公演情報≫2012年3月15日(木) 19:00 紀尾井ホール
Lifschitz_flyer.jpg
詳しい公演情報はこちらから


posted by Japan Arts at 21:01| コンスタンチン・リフシッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。