2011年10月07日

キーシン、兵庫公演喝采!

【エフゲニー・キーシン】の日本公演が、兵庫スタートし行われ喝采を浴びました。
emc406-005-MF c Sasha Gusov licensed to EMI Classics.jpg
10月3日記者会見を終えたキーシンは、そのまま関西に移動。
翌日からソロ、そしてチェリストのクニャーゼフとのリハーサルを重ね、本番に臨みました。
(実は、あまりにもリハーサルに熱中し、キーシンに同行していたスタッフの「晩御飯が食べられなくなるかも!!!」と心配する顔を見て、ようやく時間にハッと気がついたそうです。)

edp3743-001-MFc Benjamin Ealovega under licence to EMI classics.jpg
キーシンは天才、神童と呼ばれ、驚異的な記憶力、それにも増した創造力、表現力は天分によるものでもありますが、何よりも惜しみのない努力に裏付けされたものだということを改めて実感。というのも、キーシンのリハーサルは、ひとつひとつのフレーズを大切にし、自分が納得できるまで10回でも、20回でも繰り返すというもの。それを経て本番では、音楽に対するストイックな気持ち、それを実践する集中力、そして一つ一つの音に対する強い思いと表現力がひとつとなり、素晴らしい音楽が舞台で放たれました。

ファンを大切にし、アンコールに応えるのが大好きなキーシン。
昨日の兵庫公演でも、お約束のようにたくさんのアンコールを弾いてくれました!
シューマン/リスト編:「献呈」
ショパン:スケルツォ第2番
ショパン:小犬のワルツ
ショパン:ワルツ第7番
グリーグ:「詩人の心」


≪キーシン・フェスティバル2011≫
10月10日(月・祝) 18:00 サントリーホール
10月23日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから

コンチェルト with アシュケナージ指揮シドニー交響楽団
11月13日(日) 18:00 サントリーホール
公演の情報はこちらから


posted by Japan Arts at 14:11| エフゲニー・キーシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。