2011年06月07日

アシュケナージが語るガヴリリュクの魅力(ショートインタビュー)[アレクサンダー・ガヴリリュク]

Q:マエストロは今回のN響定期の共演者としてガヴリリュクを希望されたとお聞きしましたが、その理由を教えて下さい。
Ashkenazy.jpg彼との最初の出会いはシドニーでのプロコフィエフの全曲録音が最初だったと思います。2009年11月にシドニーでたった2週間の間にプロコフィエフのピアノ協奏曲5作品の録音を行うという、とてもタフなスケジュールとなってしまいました。でも、彼は何一つ不平を言うことなく、その大役をみごとにこなしてくれました。
 この作品は私自身も録音を行っていますし、演奏をしてきましたので、この録音作業がいかに厳しいものであったか、さらにこの作品が決して容易ではないことも良くわかっています。それだけに彼の努力と音楽家としてのすばらしさには感心しました。
彼はとても熱心で、私にいろいろと聞いてきたりと、とても前向きで人懐っこい性格の持ち主です。そして同時に大変な努力家でもありました。私は彼のとても謙虚で、それでいて努力を惜しまない姿に大変に好感を持ちました。共演をする上でとても気持ちよく音楽作りができるソリストです。

Q:この若いピアニストの特徴と魅力を教えていただけますでしょか?
テクニックは当然のことながら、音楽性においても大変に優れたピアニストです。何よりも謙虚でありながら、音楽と真剣に取り組む姿勢が私は大好きです。音楽家としても、そして1人の人間としてもすばらしい若者です。


【アレクサンダー・ガヴリリュク ピアノ・リサタイル】
2011年6月11日(土) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
曲目:
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」
ショパン:幻想即興曲
ショパン:2つのノクターン作品48
ショパン:スケルツォ第1番
ラフマニノフ:楽興の時
プロコフィエフ: ピアノ・ソナタ第7番「戦争ソナタ」
詳しい公演情報はこちらから


posted by Japan Arts at 16:07| アレクサンダー・ガヴリリュク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。