2010年03月30日

ツィメルマン、ショパン誕生日の日にフランスでリサイタル

ショパン・プログラムでリサイタルツアー中のクリスチャン・ツィメルマンがショパンの誕生日の去る3月1日にパリのサル・プレイエルにて、リサイタルを行いました。
その模様を招聘元ジャパン・アーツのスタッフがレポートしました!
krystian_photo.jpg 
プログラムは2月22日ロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのプログラムと同様に、ノクターン嬰ヘ長調Op.15-2、ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.35、スケルツォ第2番変ロ短調Op.31、ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58、舟歌嬰へ長調Op.60。 

ショパンの夜想曲の中で最も美しい曲の一つであり、光と暖かさを内包する自然で流れるような「ノクターン」op.15-2、失える祖国に思いをはせた叙情と憧憬に満ちた「ソナタ第2番」、情熱と多彩な力強さに富んだ「スケルツォ第2番」、人生の壮大なドラマを語るような「ソナタ第3番」、そして哀愁と優美さを持ち合わせ演奏上完璧な技巧を求められる「舟歌」。
どの曲をとってもショパンがのり移ったような想像を絶する究極の作品としてそれぞれに生命が吹きこまれ、2000人近い満席のサル・プレイエルの客席はただただ圧倒されて、まさに感動と興奮のるつぼと化しました。

そして最後は会場中がスタンディング・オべイションで、その喝采はいつまでも続きました。


≪クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル 日本公演≫
2010年6月3日(木) 19時開演 サントリーホール
2010年6月5日(土) 18時開演 サントリーホール 
2010年6月10日(木) 19時開演 サントリーホール
詳しい情報はこちらから!



posted by Japan Arts at 18:50| クリスチャン・ツィメルマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。