2008年10月27日

アンスネス:静岡公演(静岡音楽館AOI)レポート

静岡音楽館AOIのアンスネス・リサイタル 2008.10.23

flyer_andsnes.jpg すばらしい一夜であった。
 アンスネスの演奏は、誠実である。作曲家に対しても、もちろんその楽譜に対しても。記されたことがらの意味をよく咀嚼して、素直に表現している。それがいい。そして多様な色彩を放つピアニズム。大きな体から繊細な音が溢れ出てくる。
 まず前半は、ベートーヴェンの「幻想ソナタ集」作品27の二曲のワンセット。ソナタ形式からの逸脱を試みたベートーヴェンの“もがき”をつぶさに聴くことができたのは興味深かった。
 とりわけ、“霧”の中から姿形がだんだん現われるように始まり、次第に現実味を帯びるという変ホ長調ソナタ作品27-1の冒頭のファンタジックなアプローチは、秀逸。
 そして、後半のドビュッシー「前奏曲集」から選んだ11曲の最初の曲としてアンスネスが選んだ曲が「霧」。なんと、すばらしいディプティカ(二枚折り絵)になるではないか。このプログラミングには快哉を叫んだ。
 「前奏曲集」の曲順も、計算し尽くされている。静と動の対比だけではない。前半のクライマックスとして「西風の見たもの」を6曲目に置き、それから3曲間は少しエネルギーを分散しておいて、曲の持つ音響空間が一気に広がる2曲「オンディーヌ」と「月の光がそそぐ謁見のテラス」を最後に配置した。思惑通りに、「月の光が〜」ではホールいっぱいに音が降り注いだのである。その美しさといったら、みなが一瞬息をのむ程であった。
 アンコールに応えて演奏したのはスカルラッティの「ソナタ」とシューベルトの「ソナタ」第19番 ハ短調 終楽章のタランテラ。シューベルトの躍動感のある見事な演奏では、アンスネスのパッションを垣間みた。
 ますます楽しみなピアニストである。

作曲家・音楽評論家 野平多美

レイフ・オエヴェ・アンスネスのピアノ・リサイタル公演情報はこちらから


posted by Japan Arts at 10:19| レイフ・オヴェ・アンスネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。