2008年10月07日

アンスネス:公演間近インタビューA

アンスネスのインタビュー2回目です。<1回目はこちらから

第2回
andsnes_01.jpgQ:まだ弾いていないが、今後取り上げたい作品は?
A:
次のシーズンに向けて、モーツァルトの《ピアノ協奏曲第24番》、演奏される機会の少ないラフマニノフの《ピアノ協奏曲第4番》、ショパンの《バラード第1番・3番》などを考えています。
スケジュールは2〜3年先まで決まっていますから、それに合わせて新しいレパートリーをどう取り込んでいくか、自分の許容量も考えながら計画を立てています。また、オーケストラとの共演、ソロ、室内楽など、様々なタイプがありますから、バランスも考えねばなりません。

Q:とても計画的なのですね。他のピアニストもそんなに計画的なものなのでしょうか?
A:それはどうでしょうね(笑)。皆さん自分のやりかたがあると思いますよ。僕の場合は、時間が必要なのです。時間をかけて曲を作り上げる姿勢は、早い時期に先生から教わりました。先生にはいつも「一度にたくさんの曲に手を出すな。ひとつの曲を完全に理解して自由に弾けるようになるまでは、ステージで演奏するな」と言われていました。演奏家としてスタートした頃は、協奏曲を2〜3曲とコンサートのレパートリーが1組だけでしたから。

Q:今後のご予定についてお聞かせ下さい。
A:
この秋、まずはブラジル、それからアジアのツアーがあります。日本の他に、香港、台北、バンコクでも演奏します。12月にはムソルグスキー「展覧会の絵」のレコーディング。年明け1月には北米でラフマニノフの《ピアノ協奏曲第3番》、春にはこの曲のレコーディングがあります。5月はショパンなどのリサイタルをヨーロッパで。
これからは、ベートーヴェンをもっと弾きたいですね。協奏曲を全曲やりたいし、ソナタもできるだけたくさん。そしてオール・ベートーヴェンのプログラムにも挑戦したいです。
僕が芸術監督をつとめるリソール室内楽フェスティバルは、毎年6月に約1週間、ノルウェーのリソールで開催されるのですが、2010年にはこのフェスティバルが、カーネギーホール、ウィグモアホール(ロンドン)、そしてブリュッセルに招待されることになりました。室内楽曲だけでなく、音楽祭の室内管弦楽団とともに協奏曲もできるかもしれません。2009〜10年シーズンの間に、クリスティアン・テツラフ(ヴァイオリン)と妹タニア・テツラフ(チェロ)と一緒に、シューマンの《ピアノ三重奏曲》を録音する予定です。この曲は、シューマンの作品の中でも傑作のひとつだと思っています。

Q:オーケストラとの共演、室内楽、ソロ活動と、全くタイプが違うと思いますが、特にこれが好き、というのはありますか?
A:オーケストラとの共演のときは、指揮者に強い個性を求めますね。「自分は音楽をこう作りたい」という意思がはっきりある指揮者と切磋琢磨できるほうがいい。それによって学ぶことができるからです。同じことを室内楽のときには共演者に求め、ソロのときは自分に求めます。自分自身にどのくらい抵抗できるかの挑戦です。
リサイタルのときは、できればひとつのプログラムを何回も続けて演奏し、どんどん発展させていきたいと常々思っています。この春は、約2ヶ月のツアーで、同じプログラムを24回演奏しました。多くの曲が初めてだったので、初回は全てについて、考えながら弾いていました。回を重ねるにつれて、全体を俯瞰しつつもディテールやコントラストにも集中できるようになり、最終回は初回とは全く違うものになりました。

Q:何度も聞かれていると思いますが、グリーグはノルウェー人であるあなたにとって特別な存在ですか? 彼の音楽で素晴らしいと思うのはどんなところでしょう?

A:子供のころから彼の音楽に接する機会が多く、グリーグで育ったといっても過言ではありません。でも、ノルウェー人だから好きなのではなく、彼の音楽が素晴らしいからなのです。ちょっと聴くだけでグリーグだとわかる、特徴あるハーモニーがとても美しいですね。ただ、昨年は没後100周年で彼の作品をかなり弾いたので、今後1〜2年くらいはあえて避けようと思っています(笑)。

2008年8月22日
聞き手・翻訳:高島まき
構成:広瀬大介

レイフ・オエヴェ・アンスネスのピアノ・リサイタル公演情報はこちらから



posted by Japan Arts at 11:47| レイフ・オヴェ・アンスネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。